スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

日本のスマホOSシェア、Androidが57.2%、iOSが42.8%


スポンサーリンク

MMD研究所の調査によると、日本のスマホOSシェア、Androidが57.2%、iOSが42.8%とのこと。

 

MMD研究所は、15歳~69歳の男女9,753人を対象に2019年11月14日~11月18日の期間で「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」を実施、結果をまとめたということです。

 

スマホOS、シェア

スマホOS、シェア

日本のスマホOSシェア、Androidが57.2%、iOSが42.8%

日本のスマホOSシェア

Androidのシェアが、iOSよりも多くなっていますね。

 

これまでは、iPhoneが多いという調査が多かったですが、Androidユーザーが増えているのかもしれません。

 

Androidは3.9ポイント増、iPhoneは3.9ポイント減

2018年と比較するとAndroidは3.9ポイント増、iPhoneは3.9ポイント減となった、とMMDは報告しています。

この1年で、Androidが増えているということでしょう。

 

メーカーはAppleが圧倒的多数

とは言っても、メーカでは、「Apple」は42.8%、「ソニーモバイル」は18.4%、「シャープ」は12.1%とAppleが多いです。

 

また、ソニー、シャープも多いですね。サムソン、Huawei、富士通と続きます。

 

今後も、この傾向は続くのか

iPhoneがシェアを落としつつありますね。

今後も、この傾向が続くのでしょうか。

 

2020年は、5Gが始まるので、買い替えのタイミングとなりそうです。

そこでどうなるかで変わってきそうですよね。