スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

リコー「RICOH GR III」が3月下旬発売。価格は121,500円


スポンサーリンク

リコー「RICOH GR III」が3月下旬に発売されるということです。

価格は121,500円(税込)とのこと。

RICOH GR III icon

2019年春となっていた、RICOH GR III。

3月下旬に発売されるということです。

「GR III」リコー、ハイエンドコンデジ開発発表。発売時期は2019年春。ボディ内手ブレ補正とハイブリッドAF搭載 - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

 

RICOH GR III

リコー「RICOH GR III」が3月下旬発売。価格は121,500円

RICOH GR III

APS-Cサイズ相当の有効約2424万画素CMOSセンサーを採用した、RICOH GR III。

 

APS-Cで、コンパクトなデジカメですね。

 

新開発の高解像GR LENS

高性能化と薄型化を両立した新開発の"GR LENS18.3mm F2.8"を搭載しています。従来と同じ28mm相当の画角(35ミリ判換算)と開放F2.8の明るさはそのままに、4群6枚の薄型光学系を採用。高屈折低分散ガラスや高精度ガラスモールド非球面レンズを最適配置することで、ディストーションや色収差を極限に近いレベルまで抑制し、歴代のGRレンズを凌ぐ高いシャープネスを実現しています。

F2.8の明るい感じで撮れそうですね。

 

これまでのGRレンズをしのぐ、シャープネスがあるとのこと。

シャープな写真を撮りたい人に良さそうなレンズです。

新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE 6」

また、新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE 6」も搭載するとのこと。

 

最高ISO感度102400のすぐれた高感度性能を実現。

感度も良さそうですね。

 

タッチ操作が可能な高精細液晶モニター

3.0型で約103.7万ドットの高精細な液晶モニターを搭載しています。GRシリーズ初のタッチパネル操作に対応し、AF枠の移動やメニュー設定、再生時画像の拡大や送りなどを直感的に素早くおこなうことができます。また、液晶モニター、液晶パネルと強化ガラス製保護カバーの隙間に特殊樹脂が充填されたエアギャップレス構造で、光の乱反射を押さえ視認性を高めています。

タッチパネル操作に対応しているということです。

GRシリーズ初ですね。

 

操作性も良くなっていそうな感じですよね。

Bluetooth®&無線LANのデュアル通信

スマートフォンやタブレットとワイヤレスで連携できる無線LAN機能を搭載しています。専用アプリ「Image Sync」注3を使用することで、スマートフォンでのライブビュー表示や撮影、各種設定をおこなうことができ、撮影した画像のSNSなどへのアップロードが容易です。さらに、Bluetooth®による常時接続が可能で、アプリから撮影モードを選択するとカメラのスリープ状態を解除して、無線LANによるカメラ内画像の閲覧、転送を素早くおこなえるなど、使いやすさを向上しています。また、アプリと接続中は、撮影した画像にスマートフォンなどで取得した位置情報を記録することもできます。

スマホなどと無線LANで通信できるとのこと。

アプリから、SNSなどでアップロードできるということで、このあたりも便利そうです。

 

また、Bluetoothと常時接続して、位置情報を記録できるということです。

 

価格は、そこまで高くはないけれど

価格的にも、そこまで高くはないですよね。

まあ、発売当初は、このくらいの価格にはなってしまうのでしょうけれど。

 

高いと感じる人は、発売後しばらく待ってから購入すると、こなれた価格になるのではないかなと。

久しぶりのアップデートなので、新しいのを買いたいという人は、このタイミングで購入すると良いですよね。

 

RICOH GR III icon

ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」を新発売|RICOH IMAGING