スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

RX100M6(DSC-RX100M6)をソニーが発表。アメリカで7月上旬に発売予定。価格、日本での発売は?


スポンサーリンク

ソニーが、RX100 Ⅵを海外で発表しました。日本では、RX100mの型番ですね。

日本でも、RX100M6が発表されました。

1型コンパクトデジタルカメラとして人気のRX100シリーズの、最新モデルですね。

 

購入しました。簡単レビュー感想です。

RX100M6を購入。簡単なレビュー。なかなかいい感じ。良いところといまいちなところ - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

 

"RX100

 

RX100M6、RX100 Ⅵ(DSC-RX100M6)をソニーが発表。アメリカで7月上旬に発売予定。価格、日本での発売は?

RX100 Ⅵ(DSC-RX100M6)をソニーが発表

いわゆる高級コンデジで、人気のRXシリーズに最新のRX100 Ⅵが登場しました。

 

まだ、日本では発表されていませんが、近いうちに発表されるだろうと思います。

 

タッチフォーカスを搭載

f:id:kobabiz:20180606101038j:plain

RX100M6、RX100 Ⅵは、タッチフォーカスを搭載しています。

これまで、RX100シリーズには、タッチフォーカスはなかったですが、ようやく搭載されるということですね。

 

ここがこれまでのRX100シリーズとは大きく異なりますね。

 

レンズが、ZEISS Vario-Sonnar T* 24-200mm F2.8-4.5

RX100M6、RX100 Ⅵの レンズは、ZEISS Vario-Sonnar T* 24-200mm F2.8-4.5ということです。

 

これまでのRXは、F1.8というものが多かったと思います。

F2.8ということで、若干暗くなる感じですね。

一方、200mmということなので、望遠ズームがこれまでよりも、倍率が大きくなりますね。遠くのものを大きく写せる感じになるようです。

 

光学ズームは、8倍で、動画記録中光学ズーム対応とのこと。

 

RX100M6は、光学式手ブレ補正にも対応。望遠端でも4段相当の手ブレ補正

光学式手ブレ補正にも対応し、望遠端でも4段相当の手ブレ補正だということです。

 

手ブレにも強そうですね。

動画では、4K HDRやフルHD(1920×1080ピクセル)960fpsのスローモーション撮影に対応

また、動画では、4K HDRやフルHD(1920×1080ピクセル)960fpsのスローモーション撮影に対応するということです。

 

動画撮影も強化されますね。

 

www.youtube.com

 

RX100 Ⅵ(DSC-RX100M6)の価格

価格は1200ドル(約13万円)となる予定だそうです。

まあ、安くはないですよね。

これで、他のRXシリーズが安くなるとうれしいところかもしれません。 

RX100M6は、タッチフォーカスは良さそうだが、レンズが若干暗め

タッチフォーカスは良さそうですよね。

思ったところに、フォーカスを持って来やすそうですから。

 

ただ、これまでのRX100mシリーズに比べると、レンズが、F2.8と暗めです。これをどう考えるかでしょうか。

また、ズームも、200mmなので、RX100M5に比べると、かなりズームができるようになっています。(「RX100 III/IV/V」は35mm判換算24-70mm F1.8-2.8)

「RX100M6」は、暗くてもズームが欲しいという人には良さそうですね。

 タッチフォーカスも搭載ということですし。

 

まあ、これで、F1.8からだったら、最高だったのでしょうけれども。

また、日本での発表はまだないですが、おそらくそのうち発表されるだろうと思います。 日本での発売がないということはないでしょうから。

RX100M6の日本での発売は、2018年6月22日

追記:

RX100M6の日本での発売は、2018年6月22日です。

店頭予想価格は税別14万円前後とのこと。さすがに安くはないですね。