スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Xperia1を、ソニーが発表。4K有機ELディスプレイ、トリプルレンズカメラなどを搭載


スポンサーリンク

Xperia 1を、ソニーが発表しました。

4K有機ELディスプレイや、トリプルレンズカメラなどを搭載しています。

 

 

Xperia1

Xperia 1を、ソニーが発表。4K有機EL、トリプルレンズカメラなど

 

Xperia 1

ソニーが、Xperia1を発表しました。

名前が、「1」なんですね。

 

 

6.5インチで「21:9」のワイドな4K有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)

「21:9」でワイドな4K有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)となっています。

縦長のスマホということになりますね。

幅72mmの手に馴染むサイズながら約6.5インチの大画面ということです。

 

トリプルレンズカメラを搭載

また、カメラは、トリプルレンズカメラを搭載しています。

Xperiaも、トリプルレンズカメラを搭載するということです。

有効画素数約1200万画素のイメージセンサーを採用した三つのカメラを備え、焦点距離26mm(F1.6)/52mm(F2.4)/16mm(F2.4)(35mm換算)のレンズを自在に切り替えることができるトリプルレンズカメラを搭載。光学2倍ズームや背景ぼけ撮影、超広角撮影が可能です。

12MP + 12MP + 12MPのトリプルレンズカメラということです。

3つとも同じ画素数というのは、なかなか珍しいかもしれませんね。

光学2倍ズームということです。

 

デュアルフォトダイオード搭載のイメージセンサーによる暗所でも高精度なフォーカスや、新開発の画像処理エンジン「BIONZ X™ for mobile」によって画像圧縮前にノイズ低減処理することにより、暗所撮影における画質が向上。
瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にスマートフォンとして世界で初めて(*2)対応。また、AF追従に加え、AE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の高速連写を実現し、動く被写体でもフォーカスや明るさが合った連写撮影が可能です。

瞳AFを搭載するということです。スマホとしては、世界初とのこと。

また、AF追従もできるということですね。

このあたりは、さすがソニーというところでしょう。

使ってみたいところですよね。

 

21:9アスペクト比、4K HDR 24fpsで映画のような質の高い撮影が体験できる新機能「Cinema Pro」を搭載。CineAlta(シネアルタ)カメラ『VENICE(ベニス)』などを手掛けるソニーの業務用機器を担当する部門が、ユーザーインターフェイスや画作りを監修しました。また本機能では、「Look(ルック)」の設定によりプリセットの色相を選択できます。

4K HDR 24fpsでの撮影も可能ということです。

動画の撮影も、高画質になりそうです。そして、それを、4Kの有機ELディスプレイで見たら、かなりきれいに見えるのでしょうね。

 

Xperia 1のカラーは、4色で、ブラック、ホワイト、パープル、グレイ

Xperia1の本体カラーは、カラーは、4色で、ブラック、ホワイト、パープル、グレイです。

 

パープルがありますね。これは、うれしいところではないでしょうか。

かなり、紫が濃い感じですが、実機だとどうなのでしょうね。ここまで濃い感じではないのかもしれません。

 

重さやサイズ

Xperia1の重さは、180gで、サイズは、幅72mm/厚さ8.2mmとのこと。

 

軽くなって、薄くなっている感じですね。これまで、少し重いかなと感じていましたが、これで、だいぶ軽くなりますね。しかも、そこまで分厚くはなさそうです。

Xperia1、デザインが、スッキリした印象がありますね。

 

Xperia1は、日本でも発売

日本を含むグローバル市場で夏頃より販売が開始される見通しということで、日本でも発売されるということですね。

 

初夏に発売されるのでしょうか。