読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

IIJが、郵便局で格安スマホ販売。8月から

MVNO・格安SIM Androidスマホ

スポンサーリンク

IIJが、郵便局で格安スマホ販売を、8月から開始するそうです。

 

f:id:kobabiz:20160708090714j:plain

 

www.iij.ad.jp

 

IIJが、郵便局で格安スマホ販売。8月から

郵便局で、格安スマホを販売するということです。

こう書くと、店頭で買えるのかと思うのですが、そうではなくて、カタログで買えるということですね。

 

「IIJmio」の音声通話対応SIMと富士通製のスマートフォン「arrows M03」をセットで提供するということです。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

 

 

申し込みの手順

カタログを利用した場合の申し込みの手順は、以下の通りとのこと。

  1. 郵便局でカタログを手に入れる
  2. 電話かカタログ同梱のはがきで「申込書」を請求
  3. 申込書に必要事項を記入の上返送する
  4. SIMカードと端末のセットが届く

カタログ販売ということですね。

 

費用、代金

初期費用は3000円で、端末代金は3万2800円です。

一括払い以外には、24回の分割払い(月額1380円)も可能です。端末補償オプションは月額380円で、セットの申込時のみ加入できるとのこと。

 

格安スマホをどこで買うか?

格安スマホをどこで買うか。これは、ありますよね。

 

web.sinka0.com

格安SIMに興味を持たない人に複数回答で理由を聞いたところ「大手キャリアの方がなんとなく信頼性がある」が46.6%で1位で一番多いということです。 次に「通信速度や通話品質に不安がある」が39.5%、「移行や手続きが面倒くさそう」が38.1%となったそうです。

格安SIMに興味がない理由「大手キャリアを信頼」が4割以上 - スマホウェブデジタル情報ブログ

 面倒や不安というのが、格安SIMに興味を持たない理由としてありますね。

 どこでも変えて、サポートも、大手携帯電話会社並みになれば、もう少し伸びる余地はあると思います。

格安SIMや格安スマホを買えるところが、ネットか家電量販店ぐらいなので、あまり買おうとは思わないというのはあるでしょうね。サポートがあまり得られなそうなのも、不安でしょうし。

 

ここから先は、サポート次第?

格安SIM、格安スマホは、これまで市場が成長していましたね。ここから先は、サポート次第なのかもしれません。まだ、シェアが低いので、成長が鈍化していくときでもないかもしれませんが、さらに伸びるとしたら、サポートが大切になっていくのでしょう。

ただ、格安SIMは、そこまで利益額が大きくはないでしょうから、店舗を展開するというのはむずかしい。そういう意味では、郵便局というのはありなのでしょうけれど、カタログ販売だと、どうでしょうね。接点が増えるというのは良いと思いますが、サポートが充実するわけではないですから。

「保険の窓口」みたいな、「格安スマホの窓口」などができると変わっていったりするのかもしれませんね。

安さプラスアルファ

そんなことを考えたりしますが、 格安SIMの魅力は、価格の安さですね。ただ、それだけだと、競合も増えたということもありますが、なかなか変更しないというのおはありそうです。

あとは、安さに、何かをプラスしたいところですよね。機能なのか、サポートなのか。

サポートを付加できたら一番良さそうに思います。メーカーと協力して、店舗を展開して行ったら良さそうですね。

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」をファーウェイが6月17日発売

ファーウェイは、店舗を展開するようです。そういう中に、一緒に入って、売っていくというのは、良さそうなアイデアに思います。格安スマホのメーカーと組んで店舗を展開するというのは、一つの方法かもしれませんね。

IIJmio SIMカード ウェルカムパック (SMS) ナノSIM 【Amazon.co.jp 限定】

IIJmio SIMカード ウェルカムパック (SMS) ナノSIM 【Amazon.co.jp 限定】