読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

シャープ「507SH」。Y!mobile国内初の「Android One」端末発売。


スポンサーリンク

Y!mobileが、国内初の「Android One」端末を発売するそうです。シャープの「507SH」とのこと。

507SH

 

www.sharp.co.jp

 

シャープ「507SH」。Y!mobile国内初の「Android One」端末発売

Android Oneとは、定期的なセキュリティ等のアップグレードをするアンドロイド端末のことのようですね。

www.android.com

最新のAndroid OSを利用でき(発売からから18カ月間に最低1回以上のアップデートを保証)、セキュリティー機能も最低2年間は毎月自動でアップデートされるということです。

最新のAndroid OSが利用できるというのはいいですね。

 

507SHの主な仕様

機種名507SH
メーカー シャープ
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 617(MSM8952)/1.5Hz 4コア+1.2GHz 4コア
メインメモリ 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 約5.0型HD IGZO液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 LTE:約1220分/W-CDMA:約1220分/GSM:約910分
連続待受時間 LTE:約745時間/AXGP:約695時間/W-CDMA:約875時間/GSM:約795時間
バッテリー容量 3010mAh
アウトカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー スモーキーブルー、ブラック、ホワイト
サイズ 約71(幅)×142(高さ)×8.8(奥行き)mm
重量 約135g
 

Android OSは、6.0ですね。

5インチのHDディスプレイで、720×1280ピクセルです。

アウトカメラは1310万画素で、インカメラは500万画素です。 

また、防水・防塵に対応しています。

ハードとしては、ミドルレンジのアンドロイドスマホというところでしょうか。

 

おサイフケータイには非対応

ちょっと残念なのは、おサイフケータイには対応していません。これで、おサイフケータイに対応していると、結構悪く無いかなと思ったのですが、そうでないとしたら、ちょっと魅力があまりないかもしれません。

とは言え、最新のAndroid OSに対応というのは良いとは思いますが。

 

国内でも、Android One端末は、今後増えていく?

国内でも、Android One端末は、今後増えていくのでしょうか。減るということはないとは思いますが、どうなのでしょうね。

おサイフケータイに対応していないものだと、あまり魅力がないというのはあるかなと思います。まあ、おサイフケータイは不要という人もいるでしょうから、増えるというのはあるとは思いますが。

 

シャープは、RoBoHoNも発売している

web.sinka0.com

ロボットであり、電話 小さいけどロボットです。 会話したり、電話やメールをしたり、 写真を撮ったり、調べものしたり。 そう、ダンスだってできるんです。 どんどん話しかけてください。 あちこち連れてってください。 あなたのことを知れば知るほど、 ココロ通じるロボホンになります。 基本は、ロボットなのでしょうね。それでいて、電話もできるということだと思います。 ダンスもできるということです。

「RoBoHoN」シャープのロボット型携帯電話5月26日発売、19万8000円 - スマホウェブデジタル情報ブログ

シャープは、ロボホンも発売していますね。新しいものに挑戦しているというのはありますね。 

鴻海傘下になってしまったわけですが、 シャープには新しいモノもいろいろと発売して欲しいですね。

 

ドコモのAndroid 6.0へのバージョンアップ予定機種。OSのバージョンアップを期待するならドコモ 

Android 6.0へのOSアップデート予定の製品。auとSoftBank