読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売。価格は?発売日は?予約開始日は?GoogleのTango/Daydreamをサポート

ASUSが、ZenFone ARを2017年夏に日本でも発売するそうです。8万2800円(税別)からとのこと。

GoogleのTango/Daydreamをサポートしているそうです。

 

 

f:id:kobabiz:20170414094456j:plain

ZenFone AR (ZS571KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ASUS 日本

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売。8万2800円(税別)から。発売日は?予約開始日は?GoogleのTango/Daydreamをサポート 

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売

ZenFone ARが日本で発売されます。

 ZenFone ARは、GoogleのAR(拡張現実)技術「Tango」とVR(仮想現実)技術「Daydream」の両方に対応します。

 

GoogleのTangoとDaydreamの両方に対応した世界初のスマートフォン

Tangoは、Googleの新しいAR(拡張現実)技術で、Daydreamは、VR(仮想現実)体験ができるものですね。

両方に対応しているスマホは、世界初ということです。
 

Zenfone ARの価格(税別)は、8万2800円から

ZenFone ARの価格は、以下の通りです。

メモリ6GB/ストレージ64GBモデルが8万2800円

メモリ8GB/ストレージ128GBモデルが9万9800円

10万円は切っていますね。税別でですが。

 

ZenFone ARの発売日は、まだ未定

発売日は、まだ未定です。

予約開始日は?

予約開始日も、まだ未定ということです。

後日発表ということです。

夏の発売なので、発売日、予約開始日とも、まだ発表されないのでしょう。夏前には発表されるでしょうから、5、6月には発表されるかもしれませんね。

 

ZenFone ARの主な仕様・スペック

ZenFone ARの主な仕様・スペック
機種名ZenFone AR(ZS571KL)
メーカー ASUS
OS Android 7.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 821/2.35GHz 4コア
メインメモリ 6GB/8GB
内蔵ストレージ 64GB/128GB
外部メモリ microSDXC
ディスプレイ 5.7型 WQHD Super AMOLED
解像度 1440×2560ピクセル
バッテリー容量 3300mAh(ユーザー交換不可)
連続通話時間 3G:約930分
連続待受時間 3G:約240.6時間、LTE:約182.8時間
アウトカメラ 有効約2300万画素
インカメラ 有効約800万画素
ボディーカラー ブラック
サイズ 約77.7(幅)×158.98(高さ)×4.6~8.95(奥行き)mm
重量 約170g
 

OSは、Android 7.0です。 

プロセッサが、 Snapdragon 821/2.35GHzの4コアですね。

メモリが多いです。6GBと8GBのモデルがありますね

ストレージは、64GBか128GBです。

ディスプレイが、5.7インチのWQHDの有機ELディスプレイです。

重さが170グラムです。幅が、77.7mmということで、iPhone7 Plusに近いですね。

また、外部接続端子はUSB Type-Cとのこと。

 

SIMカードはnanoSIMを2枚利用でき、3GとLTEのDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)にも対応しているそうです。

さらに、技適的には、au VoLTEにも対応しているということで、auの回線でも使えるのだろうと思います。 

スマホのメモリの8GBは世界初

スマホとして、メモリが8GBというのは世界初だそうです。

こういったところからわかるように、ZenFone ARは、ハイエンドのスマホですね。

 

Qualcomm Adreno 530 GPUを搭載

Qualcomm Adreno 530 GPUを搭載しているので、グレフィック性能も高いとのことです。

ARやVRを実現するために、グラフィックの性能も高くないとならないということのようで、Qualcomm Adreno 530 GPUで実現しているということです。

3つのカメラが搭載

ZenFone ARには、高解像度2,300万画素カメラ、モーショントラッキングカメラ、深度カメラの3つの背面カメラで構成される革新的なTriCam(トライカム)システムが搭載されているとのこと。

背面カメラで、3つというのは、あまりないですよね。

これで、3D空間を認識できるようになるようです。

3D空間の認識

ZenFone ARで部屋のスケールを測定し、バーチャルに家具を配置といったことが可能になるということです。

ARでリアルに役立つようにZenFone ARを使用できるということですね。

アウトカメラは、光学式手ぶれ補正、4Kビデオ撮影対応

また、アウトカメラは、2300万画素で、光学式と電子式の両方の手ぶれ補正に対応し、4Kビデオ撮影も可能だそうです。

ZenFone AR、やはり、カメラに特徴があるスマホです。

VRコンテンツを体験できるよう「組み立て式VRメガネ」を付属

ZenFone ARには、VRコンテンツを体験できるよう「組み立て式VRメガネ」を付属しているということです。

VRメガネが付いているので、VRコンテンツをすぐに楽しめますね。

 

ハイレゾ対応イヤフォン、ZenEarが付属

音楽機能として、ZenFone ARは、ハイレゾをサポートしており、24bit/192kHz音源を再生可能とのこと。またハイレゾ対応イヤフォン(ZenEar)が付属しているそうです。

ハイレゾ対応のイヤホンも付属というのはいいですね。

ZenFone ARは、VR/ARに対応で、ハイスペックなAndroidスマホ

ここまで見てきたように、ZenFone ARは、VR・ARに対応というのが、大きな特徴でしょう。

そして、スペックも、ハイスペックですね。メモリ8GB、GPUの搭載などがあります。

それでも、価格は、税別ですが、10万円を切っています。これで、ハイレゾイヤフォンなどが付属してくるのは、お得なのではないでしょうか。

ZenFone ARは、ハイエンド、ハイスペックなAndroidスマホが欲しい方には、気になるAndroidスマホだろうと思います。

ASUS公式オンラインショップ

ZenFone 3 ZoomをASUSが発表、デュアルカメラやポートレードモードに対応 - スマホウェブデジタル情報ブログ

Googleが、東京駅、新宿駅など国内主要ターミナル駅構内のストリートビューを公開

Googleが、東京駅、新宿駅など国内主要ターミナル駅構内のストリートビューを公開しています。

Google ストリートビュー – 絶景や世界の名所を見て回ろう

f:id:kobabiz:20170412210143j:plain

 

Google Japan Blog: ストリートビュー で東京駅など、主要ターミナル駅構内を公開

 

Googleが、東京駅、新宿駅など国内主要ターミナル駅構内のストリートビューを公開

国内主要ターミナル駅構内のストリートビュー

Googleのストリートビューというと、マップと思っていましたが、今度は、駅構内の様子ということです。

 

なかなかすごそうですね。

行ったことがない駅を見るのは良さそう

行ったことがない駅の構内は、わかりにくかったりしますね。

そういう自分が行ったことがない駅の構内を知るためには良さそうですね。

わかりやすい駅、わかりにくい駅もありそう

駅構内は、わかりやすい駅、わかりにくい駅がありますね。

ちょっと見たところ、このGoogleストリートビューでも、わかりやすい駅構内、わかりにくい駅構内がありそうです。

 

それでも、こういう実際の写真があるのとないのでは、違ってくるかなと思います。

ということで、Googleが、ストリートビューで、日本国内の主要ターミナルの駅構内を公開したということですね。

Googleマップの関連記事 

GoogleマップのAndroid版にPlaces、Driving、Transit、新しい3つのタブ、リアルタイムの通勤時間など - スマホウェブデジタル情報ブログ

Googleマップアプリで、お気に入りの場所のリスト作成・シェア機能が追加 - スマホウェブデジタル情報ブログ

Android版Googleマップで、Googleカレンダーの予定を表示が可能に - スマホウェブデジタル情報ブログ

次期Pixel「Pixel2」の有機EL確保のため、GoogleがLG Displayに約1000億円の投資提示?

Pixelの有機EL確保のため、GoogleがLG Displayに約1000億円の投資提示という話が出てきています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kobabiz/20170306/20170306101941.jpg

 

구글, LGD OLED 공급 조건…1兆투자 표명 - 대한민국 IT포털의 중심! 이티뉴스

 

Pixelの有機EL確保のため、GoogleがLG Displayに約1000億円の投資提示?

次期Pixel端末のAMOLEDディスプレイ確保のため

Googleが次期Pixel端末のAMOLEDディスプレイ確保のために、LG Displayに1兆ウォン(約1000億円)規模の投資を提示したということです。

 

現行のPixelでも不足気味のよう

現行のPixelにも、有機ELディスプレイを搭載していますが、それも不足気味のようです。

 

Googleが、Pixel、Daydream View、Google Wifi、Chromecast Ultra、Google Homeを「Made by Google」イベントで発表 - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

次期Pixel「Pixel2」でも有機ELディスプレイが足りなくなりそう

そう考えると、次期Pixel「Pixel2」でも、有機ELディスプレイが足りなくなりそうというのは考えられますよね。

 

「Pixel2」新型PixelスマートフォンをGoogleが2017年中にリリース? - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

Googleのスマホ、Pixelの後継機、「Pixel2」を、2017年中に発売するのではという話です。 Osterloh氏が、業界には1年に1度という周期があるので、われわれもそれに従うと考えてもらっていいと非公開の会合で述べたそうです。

 

2017年中に、Pixel2をリリースすることを考えているようです。

その前に、生産量を確保できるようにしたいというのが、Googleにはあるのでしょう。

 

Appleも、次期iPhone「iPhone8」で、有機ELをサムソンから

Appleも、次期iPhone「iPhone8」で、有機ELをサムソンから提供を受ける契約をしたという話が、最近出てきています。

Appleが、Samsungに次期iPhone「iPhone8」用の有機ELパネルを7,000万枚発注? - iPhone info.ブログ

「iPhone8」用の有機ELパネルを7,000万枚発注?

 

iPhoneの設計に精通したサプライチェーンの情報筋が明らかにしたものだそうです。

また、市場調査会社IHSのシニアディレクターであるDavid Hsieh氏も同じく「AppleはSamsungに7,000万枚の有機ELパネルを発注した。需要が予測を上回った場合、Samsungは2017年にAppleに対し9,500万枚生産する準備を進めているようだ」と述べているということです。

 

Appleが、Samsungと曲面有機ELディスプレイの供給で2年契約を締結? - iPhone info.ブログ

今後有機ELディスプレイが足りなくなる?

そうなると、今後有機ELディスプレイが足りなくなるというのは、あるのでしょう。

 

ということから考えてみると、GoogleがLGにこういった投資を提示するのはありえなくはないのでしょうね。LGは、この投資について検討中ということのようです。

スマホの有機ELディスプレイの採用は、iPhone8で加速しそうですよね。そして、そうなると、他のスマホにも影響が出てくることになる。

ということで、有機ELディスプレイ関連は、今後、話題になることが多くなるのかもしれませんね。

ドラクエ11の発売日は2017年7月29日(土)に決定。予約開始はいつ?価格は?

ドラクエ11の発売日は、2017年7月29日(土)に決定しました。

遅れなければ、2017年7月29日(土)に、ドラクエ11が発売されます。

 

f:id:kobabiz:20170411140609j:plain

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 公式サイト | SQUARE ENIX

 

ドラクエ11の発売日は2017年7月29日(土)に決定

ようやく、ドラクエ11の発売日が決定しましたね。

2017年7月29日(土)です。

PS4、ニンテンドー3DS、同時発売ですね。

 

夏休み中に発売ということになるようですね。

予想は外れてしまいましたね。

ドラクエ11の発売日発表会を4月11日14時からスクエニが開催。発売日はいつ?予想は?11月11日? - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

ドラクエ11の予約開始は、いつ?

予約開始はいつになるのでしょうか。まあ、7月29日よりは前になるのだろうと思いますが。

3ヶ月前なら、4月29日ですよね。2ヶ月前なら、5月29日、1ヶ月前なら、6月29日になります。

ドラクエ11の予約開始はいつになるのでしょうね。

わかり次第、この記事に追記するか、別記事を書く予定です。

 

追記。すでに予約受付を開始しています。

 

ドラクエ11の価格は?

PS4版、8980円(税別)

ニンテンドー3DS版、5980円(税別)

 

PS4版のドラクエ11は、結構高めですね。3DS版も、安くはないかなと思いますが。

 

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

 

 

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

Newニンテンドー3DS LL パールホワイト

 

 

nuroモバイルが「VAIO Phone A」を2万4000円で提供

nuroモバイルが「VAIO Phone A」を2万4000円で取り扱うそうです。月額1000円×24回の2万4000円とのこと。

nuro mobile

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kobabiz/20170323/20170323095358.jpg

 

ソニーネットワークコミュニケーションズ、「nuroモバイル」において「VAIO Phone A」の取り扱い開始 | お知らせ | ソニーネットワークコミュニケーションズ 会社情報

nuroモバイルが「VAIO Phone A」を2万4000円で

nuroモバイルも、VAIOも「ソニー系」なので、当然と言えば当然ですよね。

 

格安スマホとしてのVAIO Phone A

格安スマホとして、VAIO Phone Aは、悪くないと思います。

スペック的なものも、悪くなさそうです。

「VAIO Phone A」Android、デュアルSIM、ドコモVoLTE対応。24,800円前後。2017年4月7日発売 - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

VAIO Phone Aの主な仕様・スペック

OS Android 6.0.1
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア 1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア)
メモリー 内蔵 (ROM) 16 GB内蔵 (RAM) 3 GB
外部メモリ最大対応容量 64 GB (microSD)
液晶表示装置 解像度名称 Full HD画面サイズ 5.5 inch
解像度 1080 x 1920
無線WAN 3G WCDMA

 

これで、おサイフケータイが使えたら

ただ、残念ながら、VAIO Phone Aで、おサイフケータイは使えません。

これで、おサイフケータイが使えたら、人気の格安スマホになれそうにも思えるのですが。

日本のメーカーなのですから、おサイフケータイの必要性などわかると思うのですが、搭載されていませんね。

 

せっかく作るなら、ニーズを満たして、売れるものを作ってみたら良いと思うのですが、狙いが異なるのかもしれませんね。

nuro mobile

「Twitter Lite」が公開。軽量版のTwitterサイト。読み込み速度30%アップ

「Twitter Lite」が公開されました。軽量版のTwitterサイトということです。通常のTwitterに比べ、読み込み速度が30%アップしています。

f:id:kobabiz:20170407100059j:plain

https://mobile.twitter.com/home

 

Twitter Liteのご紹介 | Twitter Blogs

 

「Twitter Lite」が公開。軽量版のTwitterサイト。読み込み速度30%アップ

 

データ通信量を抑えた

データ通信量を抑えて不安定なネットワーク環境でも利用しやすくしたほか、キャッシュも1MB以下になるように設計。

データ通信量が多くならないように、抑えているようです。

また、キャッシュも少なくなるようにしているということです。

 

これによって、通信速度があまり出ない時でも、あまり負荷なく表示できるということです。

スマホなどで表示する際には、良さそうですね。

 

「データ節減モード」も搭載

データ通信量をさらに削減する「データ節減モード」も搭載。まず画像や動画を低解像度のプレビュー版で表示し、見たいものだけ選んでフルロードすることで、通常利用と比べて最大70%のデータ量を軽減できるという。 

データ節減モードも搭載しているということです。

さらに、データを減らしたい場合は、画像などを低解像度で表示させるようにすることもできるとのこと。

 

データ節減モード、実際に使ってみましたが、プレビューとして画像が表示されていたものが、画像が表示されないようになっていたりしますね。

Twitterも、Facebookのように、リンクを貼ると画像が表示されるようになっていますが、この画像「プレビュー」が表示されないようです。ほぼ「文字だけ」になっています。

昔のTwitterは、こんな感じだったような。

 

Twitterに特に不満はない 

わたし自身は、Twitterには、とくに不満はないですね。SNSでは、ある意味、一番使っているかもしれません。 

情報を得るため、情報を発信するため、Twitterはいいですよね。 

業績がいまいちという話もあるようですし、買収の噂などもあるようですが、現状のサービスを続けていってもらえたらうれしいところです。

Twitterアプリに「もっと探す」タブ登場、検索ボタン消えた? - スマホウェブデジタル情報ブログ

AIアシスタント「M」をFacebook Messengerでリリース。アメリカで

Facebookが、AIアシスタント「M」をFacebook Messengerでリリースしています。アメリカで提供開始とのことです。

 

 

f:id:kobabiz:20170408103053j:plain

M Now Offers Suggestions to Make Your Messenger Experience More Useful, Seamless and Delightful | Facebook Newsroom

 

AIアシスタント「M」をFacebook Messengerでリリース。アメリカで

AIアシスタント「M」

Facebookのメッセンジャーで、AI(人工知能)アシスタント「M」というものが使えるようになったようです。

 

実行可能な操作

現時点で実行可能な操作は、ステッカーの送信、現金の支払いまたは請求、現在位置の共有、計画の立案、投票の開始、配車の手配の6つということです。

 

  • Sending stickers: M shares fun sticker suggestions for your daily life interactions like “Thank you” or “Bye-bye.”
  • Paying or requesting money: M recognizes when people are discussing payments and gives them the option of easily sending or requesting money.
  • Sharing your location: M can suggest an option to share your location during a conversation.
  • Making plans: If people are talking about getting together, M helps coordinating a plan.
  • Starting a poll (in group conversations only): Have a hard time making decisions in a group? M lets you set a poll topic and vote in group conversations.
  • Getting a Ride: Talking about going somewhere? M suggests “Get A Ride” and shares an option of Lyft or Uber.

 

上の引用は英語ですが、これらを、AI「M」にさせることができるようですね。

 

まずはアメリカで、日本は?

このAI「M」は、まずはアメリカで開始し、それから他の国でも提供する予定のようです。

日本はどうなのでしょうね。

日本語の壁があるので、どうなるのか。

 

メッセンジャーにAIが搭載されれば

メッセンジャーにAIが搭載されれば、会話して操作をしてもらうということが可能になっていきますね。

Googleも、Google Alloという、Googleアシスタントとチャットができるメッセージアプリを提供しています。

「Google Allo」、「Googleアシスタント」とチャットできるメッセージングアプリをGoogleが提供開始 - スマホウェブデジタル情報ブログ

日本ではこれからでしょうか。

 

日本語で提供される、AIアシスタントは、これからですかね。

iPhoneだと、Siriがもう少しいろいろできるようになったら、便利でしょうし、Siriをテキストでも操作できたら良いですよね。