スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

↓ iPhone、スマホの予約、購入は

ドコモオンラインショップ  auオンラインショップ  ソフトバンクオンラインショップ
 


AppleのApple Silicon戦略。Appleのカスタムチップが製品ラインナップをどのように変えるか


スポンサーリンク


Appleが、Apple Siliconを発表しました。

Appleが、Apple Siliconを発表。Apple開発の独自チップ。搭載のMacは2020年内に出荷 - スマホウェブデジタル情報ブログ

Apple独自のチップです。

このApple Siliconの開発で、今後、Appleの戦略が変わるのかもという話が出てきています。

 

Apple Silicon

Apple Silicon

 

Apple's Silicon Strategy: How Apple's Custom Chips May Change Their Product Lineup

AppleのApple Silicon戦略

Appleシリコン搭載機は、エントリーレベル

Appleはリソース面から考えて、新チップを乗せるのが比較的簡単なエントリー〜中レベルをスタート地点とするようです。

 

MacBookやiMac24インチから始めるのかもしれませんね。

既存の製品ラインの合理化

「私たちが聞いた2番目の大きな要素は、Appleの製品ラインをスリムにすることです。Kuoの研究ノートが示したように、新しいエントリレベルのMacBook Proの発売は、そのデバイスでIntelプロセッサを使用するAppleの終わりを示します。これは、16インチMacBook Proにも当てはまる可能性が非常に高くなります。Appleが独自のカスタムシリコンを中心に構築されたバージョンをリリースすると、IntelバージョンのMacBook Proはリリースされなくなります。」

ということで、製品ラインをスリムにしたいようです。

また、「「MacBook Pro」を「MacBook Air」と同じくらい薄くて軽いものにできたら、なぜそれをしないのですか? Appleのより効率的なチップは、これまでよりもはるかに可能性と可能性が高くなります。」

ということで、MacBook Proの厚みも薄くなるのかもしれません。

 

大きな画面、薄いベゼル

画面が大型化し、ベゼルが狭くなるとのこと。

これは、とくに、iMacでそうなるようですね。

また、MacBook 14インチも登場するとしています。16インチはそのままのようです。

 

Apple Siliconの種類は少ない

Appleが新しいチップの多くの異なるバージョンを製造する可能性は低いということです。

一方で、13インチMacBookにはチップを1個のみ搭載し、よりバッテリー容量の大きい16インチMacBookには複数搭載するということはあるようです。

iMacなどでも同様になるのかもしれません。

 

ハイエンドには、複数のApple Siliconを搭載ということもあるのかもしれませんね。

 

Apple Siliconで、製品ラインをシンプルにしたいというのが、Appleにはありそうです。

iPhoneは、比較的そうなっていますよね。iPadは、以前のモデルなどが混在しているので、もう少し複雑ですが。

ということで、Apple Siliconの戦略というか、AppleのMacの戦略というところでしょうか。