読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

AIアシスタント「Viv」をSiriの生みの親が披露。マルチプラットフォームに対応

Apple Androidスマホ その他

スポンサーリンク

AIアシスタント「Viv」をSiriの生みの親であるダグ・キトラウスCEOが披露したそうです。

www.youtube.com

viv.ai

f:id:kobabiz:20160510093109j:plain

AIアシスタント「Viv」をSiriの生みの親が披露。マルチプラットフォームに対応

iPhoneの「Siri」を開発したチームの、新興企業Viv Labsが、サードパーティーアプリと連係して対応するマルチプラットフォームの人工知能(AI)アシスタント「Viv」を発表しました。

 

Vivは受け取った命令の音声の自然言語を解析し、自らプログラムを構築して対応し、複雑な命令にも対応できるそうです。

命令からプログラムを作るのですね。そうして、指示に対応するということで、ここが優秀なのでしょう。サードパーティーアプリと連携できるということです。

すでに、Uberや宿泊予約サービスのHotel.comを含む50以上のサービスと提携済みだそうです。

 

iOSなどマルチプラットフォームに対応

デモでは、iPhoneを使っていたようですが、マルチプラットフォームに対応しているとのこと。

Siriは今のところiPhoneだけですが、Vivはマルチプラットフォームに対応するということなので、広まっていく可能性はありますよね。

 

AIのアシスタント

AIによるアシスタント。このあたりは、やはり今後重要になっていくでしょう。

人間とAIが協力する。そういう時代がまずは来るのだろうと思います。AIアシスタント。今後、発展していきそうですよね。