スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

iPod classicの終了の理由をAppleのクックCEOが説明


スポンサーリンク

iPod classicはこのまま終了──消えた理由をAppleのクックCEOが説明 - ITmedia ニュース

携帯音楽プレーヤー「iPod classic」が最近Apple Storeから消え、長年のファンを落胆させている。2001年に初代が発売された、クリックホイールとHDD搭載のiPod classicはこのまま姿を消すことになるという。米国でイベントに出演した米Appleのティム・クックCEOがその理由を説明している。

iPod classicが、Apple Storeからなくなりました。

iPodアップルストアから購入することはできないようです。

 

iPod Classic終了の理由をティム・クックCEOが説明しています。

米メディアによると、米Wall Street Journalのイベント「WSJ.D」に出演したティム・クックCEOは、HDD内蔵のiPod classicを製造するのに必要なコンポーネントやパーツが既に入手できなくなっていると説明。classicユーザーは減少している上、コスト問題からも今後classicの新モデルを導入する予定はないという。

パーツが入手できなくなっていることと、ユーザーが減っているということが理由とのことです。

 

ユーザーがたくさんいれば、パーツを新たにつくるということもあるのでしょうけれど、ユーザーが減っているとしたら、もう新たにつくるというのはむずかしいですよね。

そうなると、iPodClassicはこれで終わりということになりますね。

 

iPod classic - Wikipedia

もうiPodのページは、Appleにはないので、Wikipediaによると、2011年11月17日に発売されたそうです。第6世代で終わりということになるようです。

iPodがあったから、今のAppleがあるという面があると思います。

そして、iPhoneなどもiPodがなければ、存在しなかったかもしれません。そういう意味で、iPod Classicがなくなるというのは、一つの時代の終わりなのかもしれません。アナログな感じのiPod Classicからデジタルな感じのiPhoneへ。

そんなふうに言えるかもしれませんね。