スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Adobeが「Flash」を2020年末に終了へ。HTML5やWebGLなどに移行


スポンサーリンク

Adobeが「Flash」を2020年末に終了するそうです。

 

 

f:id:kobabiz:20170727082648j:plain

Flash & The Future of Interactive Content

Adobeが「Flash」を2020年末に終了へ

とうとうこの時が来たというところでしょうか。

 

Flashが2020年末に終了するそうです。

 

既存のFlashコンテンツを新しいオープンフォーマット(HTML5やWebGLなど)に移植するよう推奨していくということです。

 

ジョブズがFalshを批判した過去

スティーブ・ジョブズ氏が、2010年に、「Flashはクローズドでセキュリティ上の問題も多い」と批判していました。

クローズドなのが一概に悪いというわけではないとは思いますが、セキュリティ上の問題が多いというのはありますよね。

まあ、これは、パソコン、スマホ全般言えるようには思いますが。

 

HTML5やWebGL

同じような機能をウェブで使いたいなら、HTML5やWebGLで、実現していく。

今後は、こういうことになるということです。

 

だいたい同じようなことはできるのだろうと思うので、そういう意味では、あまり気にすることはないのでしょう。

 

技術が終わると

一つの技術が終わって、別の技術に変わっていく。

こういうのは、時代の流れというか、変化を感じますよね。

 

個人的には、Flashは、あまり使っていないので、そこまで感慨はないのですが、一時期流行していた技術が終わるというのは、他のことでも同じようなことが起こる可能性などを考えてしまいます。

どんなものも、変化していくものなのでしょう。

Chromeブラウザ、初期設定で重要ではないFlashアニメを停止へ - スマホウェブデジタル情報ブログ