スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

iXpand Compact、iPhoneのデータをバックアップできるフラッシュメモリをドコモオンランショップなどで発売


スポンサーリンク

iPhoneのデータをバックアップできるフラッシュメモリ、「iXpand Compact」がドコモオンラインショップなどで発売されました。

 

 

f:id:kobabiz:20180707102100j:plain

 

iXpand Compact、iPhoneのデータをバックアップできるフラッシュメモリをドコモオンランショップなどで発売

iPhoneのデータをバックアップ

iPhoneは、SDカードでバックアップという感じではないですよね。

こちらのiXpand Compactを使うと、iPhoneのデータをバックアップできるということです。

iXpand Compactの容量と価格。32GBが9900円(税別)、64GBが1万3900円(税別)、128GBが1万9900円(税別)

iXpand Compactの容量と価格は、32GBが9900円(税別)、64GBが1万3900円(税別)、128GBが1万9900円(税別)ということです。

 

SDカードよりは高い感じはありますが、安心感を買うということだとありかもしれませんね。

 

主な仕様など

サイズは56(幅)×9.5(高さ)×12(奥行き)mm、重量は10g。

ストラップホールもあります。

 

アプリで保存などが可能

iXpand Compactは、LightningコネクターとUSB 3.0対応コネクターを搭載し、iPhone/iPad内の写真や連絡先など各種データを簡単にバックアップ可能ということです。

専用アプリ「iXpand Drive」で、フラッシュドライブから直接閲覧したり、アプリ経由で撮影した映像をフラッシュドライブに直接保存したりできるということです。

 

iPhoneのバックアップに、iXpand Compact

オンラインにデータを保存しておくということが、iPhoneでは可能です。

iCloudやそのほかのオンラインサービスに保存というのもありですね。

 

ただ、やはり手元に持っておいたほうが、安心感を得られるような気もします。

また、容量が多くなると、オンラインにデータをアップするとなると、時間がかかったりしますよね。

iXpand Compactで、そのあたりを解消できるというのはありそうです。

 

ただ、そこまで安くはないので、このあたりをどう考えるかでしょうか。

iPhoneのバックアップをお手軽にしたい方には、価格が許容できれば良さそうですね。