読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

新OS、Andromeda(=Android+Chrome)が10月4日に発表?

Google Androidスマホ

AndroidとChromeを合わせた、スマホとパソコンに対応しているOS、AndromedaをGoogleが、2016年10月4日に発表するのではと言われています。

 

f:id:kobabiz:20160921084256j:plain

新OS、Andromeda(=Android+Chrome)が10月4日に発表?

Androidのエンジニアリング担当副社長、ヒロシ・ロックハイマー氏が以下のようなツイートをしたため、そんなことが言われているようです。

Androidの登場から8年で、8年後には、2016年10月4日について語ることになるだろうといったことが書かれています。

何かしら、新しいことを行うということを意味しているようですね。 

Googleが10月4日にイベントを開催

web.sinka0.com

Googleが、10月4日にイベントを開催します。新しいスマホやタブレット、VRなどが発表されると言われています。Google Homeも発表されるかもしれません。

今年は、いろいろと発表されるようですね。

噂通りであれば、かなり盛り沢山なのかもしれません。 どういう新しい製品、サービスが登場するのか楽しみですね。

「Yoga Book」レノボが日本でも発売。2in1タブレット、Android版とWindows版あり

Androidスマホ Microsoft・Windows

レノボが、「YOGA BOOK」を日本でも発売するそうです。2in1タブレットです。

YOGA BOOK

 

YOGA BOOK

「Yoga Book」レノボが日本でも発売。2in1タブレット、Android版とWindows版があり

「Yoga Book」をレノボが日本でも発売します。2in1タブレットで、Android版とWindows版があります。

 

Android版のYoga Bookの主な仕様

Android 6.0
インテル® Atom™ x5-Z8550 プロセッサー
10.1型ワイドIPSパネル (1920x1200ドット)マルチタッチ対応(10点)、AnyPenテクノロジー対応
ドルビーアトモス
64GB フラッシュメモリー
約 690g

 

Windows版のYoga Bookの主な仕様

Windows 10 Home 64bit
インテル® Atom™ x5-Z8550 プロセッサー
10.1型ワイドIPSパネル (1920x1200ドット)マルチタッチ対応(10点)、AnyPenテクノロジー対応
ドルビーアトモス
64GB フラッシュメモリー
約 690g

 

基本的には、OS以外は、同じようですね。

Atomプロセッサーで、10.1インチ64GBで、690グラムです。Android版は15時間、Windows版は13時間稼働するそうです。

OSを、AndroidにするかWindowsにするか少し迷うところかもしれません。Windowsのほうが何かと便利のようにも思いますが、64GBだと若干容量が少ないかも。

microSDスロットがあるようなので、まあ、大丈夫かもしれませんが。

若干、Windows版のほうが、価格は高いですね。

価格

Android版 LTE 48,384円

Android版 Wi-fi 42,984円

Windows版 LTE 64,584円

Windows版 Wi-Fi 57,024円 

YOGA BOOK

ペン入力

ペン入力が可能ということです。キーボード部分が、タッチパネルになっていて、そこに書いて入力ができるということです。紙を置いていても入力ができるようです。

AnyPenということで、ペンが付属しています。このペンを使って、ペンで絵を描くなどもできるということです。

 

キーボード部分は、タッチパネル

キーボード部分がタッチパネルになっています。物理キーボードではありません。

ただ、タッチすると、振動があるようですね。

また、使っていると、使用者のクセを覚えてくれるようです。ミスタイプなども減るのかもしれません。

2in1

2in1ということで、パソコンとしても、タブレットとしても使えます。

690グラムということで、タブレットとしては重いですが、ノートパソコンとしては軽いですね。

軽いノートパソコンが欲しい方には良いかもしれません。

 

気になるのは、キーボード

軽くて、タブレットにもなる、ペン入力もある、というのは良いですよね。

気になるのは、キーボードですね。タッチパネルのキーボードがどうなのか。入力がしにくくないなら、良さそうだなと思います。逆に、入力しにくいとしたら、いまいちかもしれません。タブレットのほうが良いということになりそうですよね。

 

YOGABOOKは、おもしろいコンセプトの端末

YOGABOOKは、おもしろいコンセプトの端末だなと思います。2in1で、ペンタブレットでもある。ペン入力もできる。LTE版もある。

1台でいろいろできるという意味では、YOGA BOOK良さそうですね。 

YOGA BOOK

「Google Allo」、「Googleアシスタント」とチャットできるメッセージングアプリをGoogleが提供開始

Google

「Allo」という、「Googleアシスタント」とチャットできるメッセージングアプリをGoogleが提供開始しました。

 

Google Allo — スマートなメッセージ アプリ

Google Allo — スマートなメッセージ アプリ

  • Google, Inc.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

 

play.google.com

googleblog.blogspot.jp

f:id:kobabiz:20160923084431j:plain

allo.google.com

 

「Google Allo」、「Googleアシスタント」とチャットできるメッセージングアプリをGoogleが提供開始

いつでもどこでも。あなただけの Google アシスタント
友人との会話中に調べ物をしたり計画を立てたりしたい場合、@google と入力すればいつでもアシスタントがサポートします。チャット画面を離れる必要はありません。日本語版は近日サービス開始予定。

Google Alloは、メッセージアプリです。

それだけではなく、Googleアシスタントがサポートしてくれるアプリということです。

人工知能・AIと会話をして、調べ物をすることができるということです。

なかなか便利そう

GoogleのAIを使えるアプリということになりますね。なかなか便利そうです。

日本語版の開始は、近日ということで、まだ始まっていませんが、始まったら使ってみたいですよね。

英語版は開始されているということです。 

AIを日常的に使う日も近い?

こういうアプリやサービスが登場してくると、AIを日常的に普通に使える日も近いのかもしれません。

AIという言葉は聞きますが、実際に個人で使うというのは、まだそこまで多くはないですよね。

これから、AIを使い始めて、徐々に増えていくということになるのでしょうね。

Apple、「Amazon Echo」のような「Siri」対応のスピーカー型デバイスを開発中? 試作品のテスト段階?

Apple

Appleが、「Amazon Echo」のような「Siri」対応のスピーカー型デバイスを開発中ということです。 試作品のテスト段階のようですね。

 

米アップル、音声認識スマートホーム機器の開発を推進-関係者 - Bloomberg

f:id:kobabiz:20160925085336j:plain

Apple、「Amazon Echo」のような「Siri」対応のスピーカー型デバイスを開発中? 試作品のテスト段階?

やっぱり、開発しているのでしょうね。

Appleは、まだこのプロジェクトを最終決定しておらず、取りやめになる可能性も依然あるとのこと。

 

Googleも、Google Homeを開発中

web.sinka0.com

Googleも、Google Homeを開発中で、2016年内に発売ということです。

こうなってくると、Appleは、どうなのかというのが気になりますよね。

 

名前は?

仮に発売されるとしたら、名前は何になるのでしょうね。Apple Home?Apple Speaker? 

もっと違うものになるのでしょうか。

いずれにしても、Appleからも、Siriが使えるようになる、スピーカーで、ホーム関係の操作ができるようなものが登場する可能性があるということですね。 

それって、iPhoneで十分なのではないかとも思わなくもないですが、BluetoothスピーカーにSiriが付いて、いろいろできるとしたら、ありなのかもしれません。

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Pill 2.0 ワイヤレススピーカー Bluetooth対応 ブラック MH812PA/A

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Pill 2.0 ワイヤレススピーカー Bluetooth対応 ブラック MH812PA/A

 

こういう商品に、Siriが搭載される感じというかんじですね。あと、WiFiにも対応などもするのかもしれません。

顔認識機能も搭載されたりもするようです。ホームデバイスのコントロールもできるようになっていくのかもしれません。こういうのもあったら、良いかもしれませんね。

「自転車でGO!」自転車にiPhoneとモバイルバッテリーを一緒に取り付けられる

iPhone

自転車にiPhoneとモバイルバッテリーを一緒に取り付けられる「自転車でGO!」が発売されるそうです。

 実売想定価格は3,480円(税抜)とのこと。

J-FORCE(ジェイフォース) J-Force スマホ&モバイルバッテリーホルダー 自転車でGO JF-GOK JF-GOK

J-FORCE(ジェイフォース) J-Force スマホ&モバイルバッテリーホルダー 自転車でGO JF-GOK JF-GOK

 

 

スマホ&モバイルバッテリーホルダー「自転車でGO!」 新発売! | J-Force Powered by ForceMedia

「自転車でGO!」自転車にiPhoneとモバイルバッテリーを一緒に取り付けられる

iPhoneやスマホを自転車につけている人を、ときどき見かけますね。

こちらは、iPhoneとモバイルバッテリーを一緒につけられる製品だそうです。

 

ポケモンGOをプレーする人に

商品名?からわかるように、ポケモンGOをプレーする人向けの商品なのだろうと思います。

これで、少しバッテリーの心配が減りますね。

 

Pokémon GO

Pokémon GO

  • Niantic, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

web.sinka0.com

web.sinka0.com 

「So-net モバイル LTE」、2016年9月30日で新規受付を終了

MVNO・格安SIM

「So-net モバイル LTE」、9月30日で新規受付を終了するそうです。

f:id:kobabiz:20160924081217j:plain

「So-net モバイル LTE」新規受付一部終了のお知らせ|お知らせ|So-net

「So-net モバイル LTE」、9月30日で新規受付を終了

So-netのLTEが、9月30日で、新規受付が終了するそうです。

現在利用している人は、引き続き利用できるとのこと。

 

LTEを全部やめてしまうわけではなく、月額0円から運用できる「0 SIM」、毎月の利用料金に応じてANAのマイルがたまる「MILAGE SIM」、月額780円から利用できる「PLAY SIM」のサービスは継続していくようです。

格安SIM事業者は、そのうち淘汰される?

格安SIMを提供している事業者は増えましたね。

東京ガスも格安スマホを参入の検討をしているとのことです。ガスと組み合わせて安くなるということがあるのかもしれません。

www.nikkei.com

これだけ増えてくると、どれを選ぶと良いか迷いますね。

今は、まだ、成長している市場なのでしょうから良いでしょうけれど、今後、成長が頭打ちになったら、格安SIM、格安スマホをやめる事業者も出てくるだろうと思います。

まずは、So-netが縮小、ということのようですね。 

So-netは、モバイル WiMAX2+などを展開しています。これらは続けるようですね。

So-net モバイル WiMAX 2+

SIMフリースマホ、2016年7月のシェアトップは「HUAWEI P9 lite」

Androidスマホ MVNO・格安SIM

SIMフリースマホ、2016年7月のシェアトップは「HUAWEI P9 lite」だそうです。

 

www.bcnretail.com

SIMフリースマホ、2016年7月のシェアトップは「HUAWEI P9 lite」

2016年7月のSIMフリースマホで販売台数が1位だったのは、ファーウェイの「HUAWEI P9 lite」。シェアは16.9%。メーカー別でみても、7月はファーウェイがシェア32.4%でトップだった。

ということで、BCNランキングのデータによると、SIMフリースマホ、格安スマホの1位は、HUAWEI P9 liteだったとのこと。

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK(ブラック) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-BLACK

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK(ブラック) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-BLACK

  • 出版社/メーカー: HUAWEI
  • 発売日: 2016/06/17
  • メディア: エレクトロニクス
 

「HUAWEI P9 lite」で十分な感じ

性能と価格のことを考えると、これぐらいのスマホが良いということになるのでしょうね。

5.2インチのフルHD液晶ディスプレイ、ソニー製の1300万画素のメインカメラ、800万画素のインカメラ、3000mAhのバッテリということで、十分な感じです。 

もちろん、もっと性能が良いほうが良いとかがある人は、HUAWEI P9などもあるでしょう。

ファーウェイは、世界第3位のスマホメーカーです。日本でも力を入れてきていますね。格安スマホは、今後、利用者が増えていくことが予想されます。そうなると、ファーウェイがさらに伸びてくるのではないでしょうか。これからユーザーが増えていきそうですし、今後、どんな端末が登場するのかも楽しみですね。