読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

iPhone用、マストドンアプリ「Amaroq for Mastodon」「Mastodon-iOS」。マストドンの公式アプリは?

iPhone用のマストドンアプリとして、「Amaroq for Mastodon」「Mastodon-iOS」があります。

 

 

Amaroq for Mastodon

開発元:John Gabelmann
価格:無料

App Store
Mastodon-iOS

開発元:Yeung Yiu Hung
価格:無料

App Store

 

iPhone用、マストドンアプリ「Amaroq for Mastodon」「Mastodon-iOS」

他にもあるようですが、この2つがマストドン用の主なアプリのようですね。

 

PawooのiPhone版もそのうち登場

また、先日、PixivがAndroid用のPawooを公開しました。

マストドンのAndroidアプリ「Pawoo」をPixivが公開。「Pawoo」以外のインスタンスにもログイン可能 - スマホウェブデジタル情報ブログ

こちらも、iPhone版がそのうち登場するようです。

 

マストドン、ブラウザからもアクセスできますが、アプリを使ったほうが使いやすいかもしれませんね。

 

マストドンの公式アプリは?

公式アプリが登場すると良いのかなと思いますが、まあ、それはなさそうな気もします。今後登場することもあるかもしれませんが。

 

マストドンの今後は?

マストドン、インスタンスが増えていますね。

今後、運営する会社などが増えていくのでしょうか。

 

ユーザーが増えていけば、面白いことになりそうかなと思いますが、まだ、そこまでではないですよね。

TwitterやFacebook、LINEなどで、SNSは、もう「お腹いっぱい」というところもあるのかもしれません。

これらのSNSに不満などがあると、マストドンを利用したいと思う人も増えるかもしれませんね。

マストドンのAndroidアプリ「Pawoo」をPixivが公開。「Pawoo」以外のインスタンスにもログイン可能

マストドンのAndroidアプリ「Pawoo」をPixivが公開しています。「Pawoo」以外のインスタンスにもログイン可能とのことです。

 

play.google.com

 

 

f:id:kobabiz:20170425100012j:plain

 

マストドンのAndroidアプリ「Pawoo」をPixivが公開。「Pawoo」以外のインスタンスにもログイン可能

マストドンのAndroidアプリですね。Pawooだけではなくて、他のマストドンのインスタンスにもログイン可能だそうです。

 

マストドンの基本的な機能を搭載

ホームタイムライン、ローカルタイムライン、連合タイムラインの閲覧やトゥート、ブースト、ミュート、ブロック、お気に入り、検索などの基本的な機能を実装しているそうです。

これなら、使えそうなアプリですよね。

 

「CW(Content Warning)」「NSFW(Not Safe For Working)」機能も

そのほか、Pawooでは投稿の一部を非表示にして閲覧制限をかける「CW(Content Warning)」機能や、画像を非表示にしてユーザー側で任意に表示を切り替えられる「NSFW(Not Safe For Working)」機能を備えているとのこと。

 

iOS版のPawooも近日公開予定らしい

iPhone用のPawooアプリも、近日公開予定らしいです。

そうすると、iPhoneでも結構便利に使えそうですよね。

 

Androidでマストドンを使うのに、便利そう

マストドンのAndroidアプリ「Pawoo」は、Androidでマストドンを使うの便利そうです。

 

ちなみにiPhoneアプリだと、Amaroqが使いやすいということですね。iPhone用のPawooが登場するまでは、Amaroqを使うと良いのではないでしょうか。 

iPhone用、マストドンアプリ「Amaroq for Mastodon」「Mastodon-iOS」。マストドンの公式アプリは? - スマホウェブデジタル情報ブログ

Amaroq for Mastodon

開発元:John Gabelmann
価格:無料

App Store

 

Android Payが「nanaco」に対応。キャンペーンを開催中

Android Payが「nanaco」に対応しました。

 

 

f:id:kobabiz:20170423100557j:plain

Android – Android Pay

 

Android Payが「nanaco」に対応。キャンペーンを開催中

Android Payがnanacoに対応しました。

nanacoを使えます。

 

Android Payが、日本でも開始。まずはEdy、その他の電子マネーにも対応予定。VISAやMasterCardなども - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

Android Pay上で利用できるのは、入会、残高確認、決済履歴の確認のみ

Android Pay上で利用できるのは、入会、残高確認、決済履歴の確認のみで、その他の機能はnanacoモバイルアプリで行うことになります。

 

なので、そこまでメリットはないかもしれませんね。まあ、Android Payのアプリ内でEdyも確認しやすいというのはあるかもしれません。

まとめられるというのは、ちょっと便利かもしれませんね。

 

キャンペーン

キャンペーンもやっていますね。

Android Pay™ & nanaco スタートキャンペーン|電子マネー nanaco 【公式サイト】

合計 300 ポイントプレゼントということです。
4月20日〜5月7日

nanaco に新規入会で 100 ポイント
お店でチャージして 200 ポイント

 

電子マネーはちょっと多すぎかも

電子マネーは、ちょっと多すぎかもしれませんね。

nanacoは、セブンイレブンなどで使えるので、セブンイレブンをよく利用する人には良いと思います。

まあ、それでも、nanacoアプリがあるので、それで良いかなと思いますが。

「AQUOS R」シャープがフラグシップスマホを発表。2017年夏に発売

シャープが、フラッグシップスマホ、AQUOS Rを発表しています。

今後、シャープのフラグシップモデルは「AQUOS R」に統一するということです。

 

 

f:id:kobabiz:20170420100004j:plain

AQUOS Rスペシャルサイト|AQUOS:シャープ

 

「AQUOS R」シャープがフラグシップスマホを発表。2017年夏に発売

AQUOS Rの「R」 

AQUOS Rは、「Reality(臨場感のある映像美)」「Response(滑らかで俊敏なレスポンス)」「Robotics(人工知能)」「Reliability(長く使える信頼性)」という4つの「R」からなるということです。

 こういった特徴があるスマホということですね。

 

AQUOS Rの主な仕様、スペック

「AQUOS R」の主な仕様
機種名 AQUOS R
メーカー シャープ
OS Android 7.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 835
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.3型WQHD TFT液晶(IGZO)
解像度 1440×2560ピクセル
バッテリー容量 3160mAh
アウトカメラ 有効約2260万画素CMOS
インカメラ 有効約1630万画素CMOS
ボディーカラー Mercury Black、Zirconia White
サイズ 約74(幅)×153(高さ)×8.7(奥行き)mm(暫定値)
重量 未定
その他機能 ワンセグ、フルセグ、NFC、FeliCa、防水/防塵(IPX5、IPX8/IP6X)、指紋センサー、USB Type-C(Quick Charge 3.0対応)

 

AQUOS RのOSは、Android 7.1と最新のようです。

また、プロセッサも、 Qualcomm Snapdragon 835ということで、こちらも最新ですね。

メモリは4GBです。

約5.3型WQHD TFT液晶(IGZO)

AQUOS Rのディスプレイは、5.3インチのWQHDのIGZO液晶です。

WQHDと、解像度も高いですね。

重量がまだわかりませんね。大きさがそこまで大きくはないですから、平均的な重さになるのかもしれません。 

ワンセグ、フルセグ、Felica・おサイフケータイ、防水・防塵、指紋センサーに対応

AQUOS Rは、ワンセグ、フルセグ、Felica・おサイフケータイ、防水・防塵、指紋センサーに対応しています。

基本的なところは押さえているというところでしょう。 

AQUOS RはUSB-Cコネクタ

USB-Cがコネクタとして採用されています。ここは新しいですね。

 

AIのエモパー

スマホAQUOSの人工知能「エモパー」とは、朝気になる天気や、いま急上昇している検索ワードなど、タイミング良くシーンに合わせて話しかけてきます。エモパーは3つのキャラクターから選択でき、Google Play からダウンロードして追加することもできます。そんなエモパーがさらに進化。あなたの“気になる”に、もっと応えられるエモーショナルパートナーを目指しています。

 だそうで、AIのエモパーには、さらに改良が加えられているということです。

 

ロボクル

AQUOS R をロボクルに設置しておけば、わざわざ本体を手に取らなくても、通知を定期的に声でお知らせ。また、「ハロー、エモパー」と言ってから質問すれば、音声で答えてくれます。

ロボクルという台に設置すると、通知を声で知らせてくれるそうです。また、声でも答えてくれるとのこと。

 

AQUOSは、AIにも力を入れている、スマホですよね。

 

デザインは従来のスマホのようだが、「全部入り」

ただ、AQUOS Rのデザインは、従来のスマホのようです。 

Galaxy S8のような、前面がディスプレイという感じとは違いますね。

Galaxy S8/S8+を、Samsungが発表。物理ホームボタンは廃止。5.8インチと6.2インチ - スマホウェブデジタル情報ブログ

ホームボタンがあるからでしょうか。

ホームボタンは悪くないと思いますし、AQUOSは持ちやすいデザインというのはありますね。

AQUOS Rは、今のAndroidスマホの全部入りのようなスマホですね。

おそらく、ドコモ、au、ソフトバンクからこの2017年の夏に発売されるでしょう。ブランド名も統一して、今後は、シャープのフラッグシップは、AQUOS Rとわかりやすくなるということで、力を入れていくというのがわかりますね。

Y!mobileが、PHSの新規契約・機種変更・プラン変更を2018年3月31日をもって停止

Y!mobileが、PHSの新規契約・機種変更・プラン変更を2018年3月31日をもって停止するそうです。

Y!mobile

 

 

f:id:kobabiz:20170422100939p:plain

“ワイモバイル”で提供中の一部料金プランなどの受付停止について | ワイモバイル(Y!mobile)

 

Y!mobileが、PHSの新規契約・機種変更・プラン変更を2018年3月31日をもって停止

PHSの新規契約などが、2018年の3月31日に停止されますね。

PHSの時代の終わりということでしょう。

 

f:id:kobabiz:20170422101224j:plain

ケータイプラン|ケータイ|料金|Y!mobile(ワイモバイル)

 

PHSというと

PHSというと、価格が比較的安かったり、電波がいいなどということが話題でしたよね。

 

なんとなく、安いので、学生が使っているというのもあったような気もします。

 

今の時代は、スマホになって、PHSの電波ではないのでしょうね。

 

格安SIMの時代

そして、スマホも、格安スマホ、格安SIMの時代になっていくのではないでしょうか。

ドコモやau、ソフトバンクも高いですよね。 料金が高止まりしています。

 

一方で、格安SIMは安いですし、Y!mobileも安いですね。

Y!mobile

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

今は、安くスマホを利用する時代になりつつありますね。 

 

PHSの新規受付などが終了ということで、時代を感じます。こういうものも変わっていきますね。

「Xperia Touch」が6月発売。投影した画面に触れて操作できるプロジェクター。Androidアプリも使える。予約はいつから?価格は?

ソニーが、Xperia Touchを2017年6月に発売するそうです。Xperia Touchは、投影した画面に触れて操作できるプロジェクターということです。

価格は、14万9880円(税別)とのこと。

 

f:id:kobabiz:20170421102524j:plain

Xperia Touch G1109 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

 

「Xperia Touch」が6月発売。投影した画面に触れて操作できるプロジェクター。Androidアプリも使える

Xperia Touch

ソニーが発表していた、プロジェクターですね。

投影した画面に触って、操作が可能というのが、大きな特徴です。

 

Xperia Touchの予約はいつから?発売日は?

Xperia Touchの予約は、6月9日からだそうです。

発売日は、6月24日とのこと。

 

価格は?

Xperia Touchの価格は、14万9880円(税別)だそうで、少し高いですよね。プロジェクタとスマホと思えば、まあ、そこまで高くはないかもしれませんが。

 

Xperia Touchの本体仕様

サイズ 約69 x 約134 x 約143 mm

質量 約932g
OS Android™7.0
CPU 1.8GHz(デュアルコア) + 1.4GHz(クアッドコア)ヘキサコア(Snapdragon 650)
内蔵メモリ(RAM) 3GB
内蔵メモリ(ROM) 32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB)
通信 Wi-Fi:11 a/b/g/n/ac
NFC 対応
Bluetooth®標準規格 Bluetooth® 4.2
Miracast sink 対応
接続端子 USBタイプC(給電/データ転送)、HDMIタイプD(入力用)
センサー マイク/加速度/地磁気/GPS/ジャイロ/照度/気圧/気温/湿度/人感
光源 レーザーダイオード
投射方式 SXRD・3原色液晶シャッター投写方式
表示素子 0.37型 SXRD x 1、1366 x 768 画素
フォーカス 電動(オートフォーカス)
プロジェクターサイズ 約23~80インチ
明るさ 100 lm
カメラ 有効画素数約1300万画素
タッチコントロール 赤外光検知型(マルチタッチ 最大10点)
サウンド 2Wayステレオスピーカー
電源 USBパワーデリバリー 15V
内蔵バッテリー容量 約1200mAh(内蔵リチウム)
使用時間(バッテリー使用時)約1時間

 

Android 7.0のOSが入っているプロジェクターです。だから、Androidアプリが使えるようです。

 

壁やテーブルがスマートスクリーンに

壁やテーブルに投写したスクリーンの触った位置を、本体内蔵の赤外線とイメージセンサーにより毎秒60フレームのリアルタイム検出で認識し、遅延のない快適なタッチ操作を実現。さらに、最大10点のマルチタッチに対応しているので、複数人での同時操作ができます

 

投写したスクリーンを触るとタッチ操作ができるということです。

しかも、遅延はないということですね。

スマートスクリーンということで、ただ映写するだけではないということが、大きな特徴でしょう。

 

近づくだけでスクリーンが立ち上がる

人感センサーを搭載。Xperia Touch本体から約2メートル範囲に近づくことでセンサーが反応し、自動でディスプレイを表示します。

Xperia Touchは、人が近づくとスクリーンを表示するということです。

電気がつくのと同じような感じですね。

ちょっと便利かもしれませんね。

 

Xperia Touchは、音声で操作可能

また、Xperia Touchは、音声で操作が可能とのこと。

Xperia Touchに「Hi Xperia (ハイ エクスペリア)」と呼びかけると音声認識を開始し、天気予報、今日の予定などの情報検索ができるほか、音楽再生やアプリケーションの起動ができます。また、Googleアプリによる音声検索にも対応しています。

音声検索にも対応ということで、これもいいですね。手軽に使えそうですよね。

 

PlayStation 4 リモートプレイ対応

さらに、PS4のリモートプレイにも対応しているということで、アプリをインストールすれば、Xperia Touchで壁を使ってPS4のゲームをプレーということも可能ですね。

Xperia Touch本体に専用アプリ「PS4®リモートプレイ」をインストール。PS4®を家庭内のネットワーク経由で接続し、家の中の好きな場所でXperia Touchに映像を投写してPS4®のゲームが遊べます。

タブレットとプロジェクターの合体

Xperia Touchは、プロジェクターにタブレット・スマホの機能を合体させたような感じのようです。

そして、赤外線でタッチを検知して、操作が可能になっているということですね。

とてもおもしろい商品だと思います。

一般家庭で使うというのもありでしょうけれど、ビジネスなどの用途で使ってみると、需要もあるのかもしれません。

オフィスなどで、Xperia Touchが一台あれば、会議やミーティングなどに使えそうですよね。

面白い製品ですね。 

Facebookが、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開。アバターになってバーチャル空間で会話したりできるソーシャルVRアプリ

Facebookが、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開しました。アバターになってバーチャル空間で会話したりできるソーシャルVRアプリです。Oculus VRの「Oculus Rift」と「Oculus Touch」で使えるということです。

 

 

f:id:kobabiz:20170419093536j:plain

Facebook Spaces: A New Way To Connect With Friends In VR | Facebook Newsroom

 

Facebookが、ソーシャルVRアプリ「Spaces」をβ公開。アバターになってバーチャル空間で会話したりできるソーシャルVRアプリ

Spaces、ソーシャルVRアプリ

Spacesという、ソーシャルVRアプリです。

アバターなどが作れるようですね。

https://fbnewsroomus.files.wordpress.com/2017/04/creating-an-avatar.gif?w=960

 

アバターに笑ったり驚いたりさせることも可能

アバターに笑ったり、驚いたりさせることも可能だそうで、表情が作れるようですね。

こうなると、VR空間に自分がいる感じになるのかもしれません。

 

対応プラットフォームも拡大していく

今後、対応プラットフォームも拡大していくということです。

iPhoneやAndroidアプリとして、Spacesが登場することもあるのでしょうね。

VRに思うことは、メガネは邪魔

こういったVRアプリなどに思うのは、メガネが邪魔だなということです。

家なら、まだ良いのかもしれませんが、外では厳しいですよね。

大きさが問題なのだと思います。

もっと、コンパクトになれば、違ってきそうです。技術が発達して、もっとコンパクトなVRメガネが登場したら変わっていきそうですよね。

「かめはめ波」が撃てるVR体験機、BotsNew Characters VR ドラゴンボールZ。スマホに取り付けてVR体験。発売はいつ?価格は? - スマホウェブデジタル情報ブログ

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売。価格は?発売日は?予約開始日は?GoogleのTango/Daydreamをサポート - スマホウェブデジタル情報ブログ

PS4向け「YouTube」アプリが、PS VRに対応。YouTubeの360度動画視聴が可能に - スマホウェブデジタル情報ブログ