スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

iPhoneなどのスマホ、ノートパソコンなどへの対中関税、導入開始は12月15日以降に


スポンサーリンク

米通商代表部(USTR)は13日、ほぼすべての中国製品に制裁関税を広げる「第4弾」について、スマートフォンやノートパソコン、玩具など特定品目の発動を2019年12月15日に先送りするということです。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kobabiz/20190427/20190427100544.jpg

 

米の対中関税第4弾、スマホなど12月に発動先送り :日本経済新聞

 

iPhoneなどのスマホ、ノートパソコンなどへの対中関税、導入開始は12月15日以降に

スマホ、ノートパソコンなどへの対中関税、導入開始は12月15日以降 

スマホ、ノートパソコンなどへの対中関税、導入開始は12月15日以降になるということで、とりあえずは、関税はかからないようです。

 

USTRによると、12月に発動を先送りするのはスマホやノートパソコンのほか、ゲーム機、特定の玩具、コンピューター用モニター、特定の靴や衣服。また5月中旬に発表した約3800品目の原案から、健康や安全、安全保障に関わる製品は除外したということです。

 

クリスマス商戦を考慮

特定品目の関税発動がクリスマス商戦の仕入れに影響しないよう、考慮したようです。

 

これで、iPhoneやMacBookなどは、関税の影響は、12月まではなさそうですね。

そうなると、新しいiPhoneも大丈夫そうですね。iPadはどうなのでしょうね。

 

まあ、日本の場合は、10月の消費税増税があるので、その分は、値上げになるわけですが。

関税の分の値上げは、まだ先ということで、これは良かったですよね。