スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

楽天モバイル、10月から無料サポータープログラムでMNOを開始


スポンサーリンク

楽天モバイルが、MNOとして、2019年10月から無料サポータープログラムで開始するということです。 MNOとして参入を予定していた楽天モバイル。 まずは、無料で「テストスタート」という形で開始するようです。

楽天モバイル、10月から無料サポータープログラムで開始

楽天モバイル

概要

無料サポータープログラム

「楽天モバイル」は、世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブネットワークを提供します。お客様への安定したネットワーク品質の提供を担保し、お客様からサービスやネットワークへのご意見・ご要望をいただき、迅速に改善を行うため、まずは5,000名を対象に「無料サポータープログラム」を実施します。

まずは5,000名を対象に「無料サポータープログラム」を実施するということです。応募者多数の場合は抽選とのこと。 その無料サポータープログラムは、月額料金が完全に無料で、2020年3月31日まで提供されるということです。 

申し込み条件

申し込み条件は以下の通り。

東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市に在住していること
申し込み時点で満18歳以上であること
新規契約またはMNP転入契約できること
品質テストやアンケートに応じられる人 MNOサービスに対応する端末を持っていること(同時購入も可)

 

ということです。  

応募手順

2019年10月1日(火)午前0時00分から10月7日(月)午前9時59分までの間、「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申込ページより、申し込みを受け付けます。

ということで、10月1日から7日までの間で、無料サポータープログラム申込ページから申し込めるということです。

ネットワークサービスエリア

 「楽天モバイル」の携帯キャリアサービスは、2019年10月より全国でご利用いただけます。自社ネットワークサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」となります。東京23区、名古屋市、大阪市以外の地域においてはKDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社とのローミング協定に基づきネットワークの提供(トラヒック混雑エリアを除く)を受けることで、サービス開始時より日本全国でLTE通信サービスを提供します。ネットワーク対象地域の詳細は、2019年9月24日以降、「楽天モバイル」のサービスページよりご確認いただけます。

ネットワークサービスエリアは、全国ということですが、自社ネットワークサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」とのこと。

そして、auのネットワークをローミングで利用するようです。

こういう提供の方法なのですね。

KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社とのローミング協定は、提供期間を2026年3月末までということで、この間に、自社のネットワークを整備するということです。

料金プランは?

料金プランは、現時点では未定です。 決定次第、発表されるものと思われます。

最低利用期間と解約金はなし

最低利用期間と解約金はなしとのこと。

ソフトバンクが、2019年9月から、契約期間や契約過剰料がを廃止しますが、楽天モバイルも同様ということになりますね。