スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

↓ iPhone、スマホの予約、購入は

ドコモオンラインショップ  auオンラインショップ  ソフトバンクオンラインショップ
 


LINE、みんなで見る機能追加。画面を共有したり、友だちとYouTubeを見られる


スポンサーリンク


LINEが、グループビデオ通話と音声通話をアップデートしました。

みんなで見る機能を追加したということです。

 

 

LINE。みんなで見る機能

LINE。みんなで見る機能

LINE、グループビデオ通話と音声通話を大幅にアップデート

LINE、みんなで見る機能追加

「みんなで見る」は、グループ通話中にスマートフォンの画面をシェアしたり、YouTube※を一緒に見ることができる新機能です。この機能を利用すれば、グループでビデオ通話や音声通話をしている最中にスマホ片手に画面をシェアしたり、YouTubeを見たりしながら、感想を言い合ったり、談笑したり、互いの場所が離れていても「LINE」を通じて、みんなで一緒にいるかのような時間を過ごせます。

グループ通話中に、スマホの画面をシェしたり、YouTubeを一緒に見ることができるということです。

 

みんなで見る機能の利用方法

みんなで通話をしている途中に、画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップし、「画面シェア」または「YouTube」を選択します。

みんなで見る機能は、通話をしているときに、画面右下の「みんなで見る」ボタンをタップすることから利用できるということです。

 

「画面シェア」を利用すれば、スマートフォンで見ているアプリやWebサイトをみんなで一緒に見て、コンテンツを楽しんだり、ネットショッピングをして友だちに意見を聞いたり、様々な楽しみ方ができます。Android端末をご利用の場合は、落書きできる機能を使って共有している画面上にイラストを描くことも可能です。

画面シェアでは、アプリウェブサイトをみんなで一緒に見られるということですね。

いわゆる画面共有ですね。 

 

また、明日から選択可能になる、YouTubeボタンからYouTubeを一緒に見るためには、見たい動画を検索して選ぶか、一緒に見たいYouTubeのURLをあらかじめコピーしてビデオ通話に参加すると自動的にコピーしたURLが通話中の画面下に表示されます。会話の最中に話題に上った動画を検索して一緒に見たり、「面白いYouTubeがあるから一緒に見よう」と言ったコミュニケーションのきっかけづくりになります。

また、YouTubeは、YouTubeボタンを選択することで、YouTubeを検索したりして、見られるようになるということです。

 

ビデオ通話、画面に表示される人数を拡大。スマホは最大6人、iPadは最大9人に

グループビデオ通話中に画面上に表示される人数は、スマートフォン画面は最大6人、iPad画面は最大9人※に拡大いたしました。任意の人をダブルタップすれば、フォーカスして画面上に大きく表示されます。画面下方部には選択した人以外の顔が一覧で表示し、横にスクロールすれば最大200名の参加者の顔を確認することができます。また、ビデオ通話で利用できるエフェクトやフィルターは随時新しい内容を追加しています。

画面に表示される人数を拡大。スマホは最大6人、iPadは最大9人が表示されるとのこと。

また、最大200名の参加者の顔を確認可能だそうです。