スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

↓ iPhone、スマホの予約、購入は

ドコモオンラインショップ  auオンラインショップ  ソフトバンクオンラインショップ
 


Apple、ARMベースの「Mac」を2021年に発売? 「A14」プロセッサベース、将来的に12コアプロセッサを搭載


スポンサーリンク


Appleが、ARMベースの「Mac」を2021年に発売をすると、Bloombeargが報じています。

こういった話は以前からありましたが、いよいよ来年発売するのでしょうか。

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kobabiz/20200405/20200405104314.jpg

 

Bloomberg

Apple、ARMベースの「Mac」を2021年に発売? 「A14」プロセッサベースの12コアプロセッサを搭載

ARMベースの「Mac」を2021年に発売?コードネームはKalamata?

Appleは来年2021年に、独自のチップを搭載したMacを少なくとも1台リリースする準備を進めているということです。

しかし、コードネームはKalamataで、同社がMacのラインナップの多くを現在のサプライヤーであるIntelから移行することを示唆しているとのこと。

 

自社のチップで、更新しやすく

Appleは自社のチップを設計して、デバイスのパフォーマンスをより細かく制御し、ライバルと差別化しており、Mac、iPhone、iPadで同じ基盤テクノロジーを実行することで、Appleがアプリのエコシステムを統合し、コンピューターを頻繁に更新しやすくなるだろうということです。

 

iPhoneやiPadでは、すでにAシリーズのチップを使っているわけで、ここにMacを加えたいということなのだろうと思います。

 

8つのコアを搭載。将来的には12コアに

最初のMacプロセッサは、Firestormというコードネームの8つの高性能コアと、内部的にIcestormと呼ばれる少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアが搭載されるということです。

また、Appleは12コアを超えるMacプロセッサを将来的には搭載することを目指しているようです。

一部のMacでは、Appleの設計により、Intelが提供するコアの数が2倍または4倍になります。

 

コア数を増やして、マルチスレッドを行いやすくしようとしているのかもしれませんね。これは、IntelのCoreプロセッサなども同じですが、最近の開発速度は少し鈍化している感じもなくはないですよね。

MacBook Airから提供開始?

最初のカスタムMacチップは、IntelがハイエンドのMacBook Pro、iMac、Mac Proデスクトップコンピュータに提供するパフォーマンスに匹敵することができないため、社内のAppleプロセッサ設計への移行はおそらく新しいラップトップから始まるだろうとのこと。

 

MacBook Airから提供開始されるのかもしれません。

 

Intelからの移行は複雑で、Appleのソフトウェア、ハードウェア、コンポーネントソーシングチーム間の緊密なコラボレーションが必要です。在宅勤務と同社のアジアベースのサプライチェーンの混乱を考えると、変更は遅れる可能性があるということで、遅れることもあるようです。

OSは、macOSを継続

チップ設計は統一されていますが、Macは、iPhoneおよびiPadのiOSソフトウェアではなく、macOSオペレーティングシステムを実行します。Appleは、古いIntelベースのMac用に開発されたアプリが新しいマシンでも動作することを保証するツールを模索しています。

 

OSは、macOSが継続されるようです。アプリが新しいチップでも動作するツールを提供するのかもしれません。

Intel依存を減らす

Appleはまた、Intelセルラーモデム(スマートフォンをインターネットに接続して通話をサポートするチップ)の使用を4年間だけ使用した後、使用を停止することも目指しています。

2020年後半に、クアルコムの5Gモデムを最大4つの新しいiPhoneモデルで使用する予定です。アップルは昨年、クアルコムとの短期供給契約を締結した後、インテルのモデム事業を買収しました。

 

インテルの5Gモデム開発が遅れたために、クアルコムから5Gモデムの供給をうけることにし、一方で、インテルのモデム事業を買収しています。

インテル依存を減らそうとしているとも見えますね。

自社開発のチップ、モデムを使えるように模索しているところなのでしょう。

 

以前から、ARMベースのMacの登場の噂はあります。ですが、まだ実現していません。

最近のチップの性能から考えると、実現可能のように思えます。

ARMを搭載したMacが2021年に登場するのか。気になるところですね。