スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

AirPods Proを購入。開封写真など


スポンサーリンク

AirPods Proを購入しました。

AirPods Pro - Apple(日本)

AirPods Pro(Amazon)

AirPods Pro(ビックカメラ) icon

ノイズキャンセリングが搭載された、第3世代のAirPodsです。 

早速ですが、開封して写真で紹介します。

AirPods Proを実際に使ってみた簡単な感想、レビューも書いておきます。

 

AirPods Proが発売。ノイズキャンセリング対応、シリコン製イヤーチップ採用 - スマホウェブデジタル情報ブログ

   

AirPods Pro購入。開封写真など

AirPods Proの外箱

AirPods Pro 

外箱は、いつものようにシンプルな白に、AirPods Proがあるだけですね。

このあたりは、いつも通りです。

AirPods Proの部分が、エンボスがかかっていて、少し膨らんでいます。

 

 

AirPods Pro

AirPods Pro

そして、説明書を取り出すと、AirPods Pro、ケースが出てきます。

このあたりも、Appleの製品だなと。

 

ケーブル、イヤーピース

ケーブル。イヤーチップ

そして、AirPods Proを取り出すと、その下に、Lightning-USB-Cケーブルとイヤーチップが入っています。

これまでのAirPodsには、イヤーピースがなかったですが、AirPods Proにはあります。 

イヤーチップ

イヤーチップ

イヤーピースですね。

一応、絵で外し方が書かれています。イヤーチップを外すのは、根っこを引っ張る感じです。

イヤーピース

もともと装着されているのがMサイズで、SとLのイヤーチップが付属しています。

わたしは、Mで良いかなという感じです。

丸ではなく、縦長のイヤーピースになっています。 

 

AirPods Pro

AirPods Proのケース

AirPods Proのケースです。

これまでのAirPodsよりも、横長になっています。

それ以外は、似たような感じですね。

 

AirPods Proのケース

ケースを開けると、AirPods Proが入っています。

 

AirPodsは、ペアリングが簡単

AirPods Pro、ペアリングが簡単ですね。

そして、iCloudで共有していれば、iPadやMacなどでも、しばらくすれば、ペアリングをしなくても使えるようになっています。

 

AirPods Proの本体・イヤホン部分

AirPods Proのイヤホン

AirPods Proの本体・イヤホン部分は、このような感じです。

これまでのAirPodsと違うのは、やはりイヤーピースがあるということでしょう。

このイヤーチップで、ノイズキャンセリングをしっかり行えるようにしているというのがありますね。

そして、落ちにくくもなっているかなと。

 

 

重さ

AirPodsの重さ

AirPodsの重さは、ケースと一緒で、56グラムですね。

 

AirPodsの重さ

AirPods Proの片方が、5グラムほどです。

 

  

AirPods Proの簡単な感想

 

AirPods Pro - Apple(日本)

AirPods Pro(Amazon)

AirPods Pro(ビックカメラ) icon

  

ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンを気軽に使えるのが、AirPods Pro

こうやって実際に使ってみると、AirPods Proは、ノイキャン完全ワイヤレスイヤホンを気軽に使えるというのがわかります。

ソニーのWF-1000XM3も良いですが、Air Pods Proのほうが、より気軽ですね。

SONY WF-1000XM3を購入。完全ワイヤレスイヤホンノイズキャンセリング。なかなかいい感じ

 

箱から開けて、iPhoneとペアリングしたら、あとは、もう使える。

装着感も悪くないと思いますし、それなりの時間つけていても、耳はそこまで痛くない。 

この記事を書きながら、AirPods Proをつけていますが、違和感はそこまでないです。

 

iPhoneで気軽にノイキャン完全ワイヤレスイヤホンを使いたいという人は、AirPods Proはいいですね。