読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売。価格は?発売日は?予約開始日は?GoogleのTango/Daydreamをサポート


スポンサーリンク

ASUSが、ZenFone ARを2017年夏に日本でも発売するそうです。8万2800円(税別)からとのこと。

GoogleのTango/Daydreamをサポートしているそうです。

 

 

f:id:kobabiz:20170414094456j:plain

ZenFone AR (ZS571KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ASUS 日本

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売。8万2800円(税別)から。発売日は?予約開始日は?GoogleのTango/Daydreamをサポート 

ZenFone ARが2017年夏に日本でも発売

ZenFone ARが日本で発売されます。

 ZenFone ARは、GoogleのAR(拡張現実)技術「Tango」とVR(仮想現実)技術「Daydream」の両方に対応します。

 

GoogleのTangoとDaydreamの両方に対応した世界初のスマートフォン

Tangoは、Googleの新しいAR(拡張現実)技術で、Daydreamは、VR(仮想現実)体験ができるものですね。

両方に対応しているスマホは、世界初ということです。
 

Zenfone ARの価格(税別)は、8万2800円から

ZenFone ARの価格は、以下の通りです。

メモリ6GB/ストレージ64GBモデルが8万2800円

メモリ8GB/ストレージ128GBモデルが9万9800円

10万円は切っていますね。税別でですが。

 

ZenFone ARの発売日は、まだ未定

発売日は、まだ未定です。

予約開始日は?

予約開始日も、まだ未定ということです。

後日発表ということです。

夏の発売なので、発売日、予約開始日とも、まだ発表されないのでしょう。夏前には発表されるでしょうから、5、6月には発表されるかもしれませんね。

 

ZenFone ARの主な仕様・スペック

ZenFone ARの主な仕様・スペック
機種名ZenFone AR(ZS571KL)
メーカー ASUS
OS Android 7.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 821/2.35GHz 4コア
メインメモリ 6GB/8GB
内蔵ストレージ 64GB/128GB
外部メモリ microSDXC
ディスプレイ 5.7型 WQHD Super AMOLED
解像度 1440×2560ピクセル
バッテリー容量 3300mAh(ユーザー交換不可)
連続通話時間 3G:約930分
連続待受時間 3G:約240.6時間、LTE:約182.8時間
アウトカメラ 有効約2300万画素
インカメラ 有効約800万画素
ボディーカラー ブラック
サイズ 約77.7(幅)×158.98(高さ)×4.6~8.95(奥行き)mm
重量 約170g
 

OSは、Android 7.0です。 

プロセッサが、 Snapdragon 821/2.35GHzの4コアですね。

メモリが多いです。6GBと8GBのモデルがありますね

ストレージは、64GBか128GBです。

ディスプレイが、5.7インチのWQHDの有機ELディスプレイです。

重さが170グラムです。幅が、77.7mmということで、iPhone7 Plusに近いですね。

また、外部接続端子はUSB Type-Cとのこと。

 

SIMカードはnanoSIMを2枚利用でき、3GとLTEのDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)にも対応しているそうです。

さらに、技適的には、au VoLTEにも対応しているということで、auの回線でも使えるのだろうと思います。 

スマホのメモリの8GBは世界初

スマホとして、メモリが8GBというのは世界初だそうです。

こういったところからわかるように、ZenFone ARは、ハイエンドのスマホですね。

 

Qualcomm Adreno 530 GPUを搭載

Qualcomm Adreno 530 GPUを搭載しているので、グレフィック性能も高いとのことです。

ARやVRを実現するために、グラフィックの性能も高くないとならないということのようで、Qualcomm Adreno 530 GPUで実現しているということです。

3つのカメラが搭載

ZenFone ARには、高解像度2,300万画素カメラ、モーショントラッキングカメラ、深度カメラの3つの背面カメラで構成される革新的なTriCam(トライカム)システムが搭載されているとのこと。

背面カメラで、3つというのは、あまりないですよね。

これで、3D空間を認識できるようになるようです。

3D空間の認識

ZenFone ARで部屋のスケールを測定し、バーチャルに家具を配置といったことが可能になるということです。

ARでリアルに役立つようにZenFone ARを使用できるということですね。

アウトカメラは、光学式手ぶれ補正、4Kビデオ撮影対応

また、アウトカメラは、2300万画素で、光学式と電子式の両方の手ぶれ補正に対応し、4Kビデオ撮影も可能だそうです。

ZenFone AR、やはり、カメラに特徴があるスマホです。

VRコンテンツを体験できるよう「組み立て式VRメガネ」を付属

ZenFone ARには、VRコンテンツを体験できるよう「組み立て式VRメガネ」を付属しているということです。

VRメガネが付いているので、VRコンテンツをすぐに楽しめますね。

 

ハイレゾ対応イヤフォン、ZenEarが付属

音楽機能として、ZenFone ARは、ハイレゾをサポートしており、24bit/192kHz音源を再生可能とのこと。またハイレゾ対応イヤフォン(ZenEar)が付属しているそうです。

ハイレゾ対応のイヤホンも付属というのはいいですね。

ZenFone ARは、VR/ARに対応で、ハイスペックなAndroidスマホ

ここまで見てきたように、ZenFone ARは、VR・ARに対応というのが、大きな特徴でしょう。

そして、スペックも、ハイスペックですね。メモリ8GB、GPUの搭載などがあります。

それでも、価格は、税別ですが、10万円を切っています。これで、ハイレゾイヤフォンなどが付属してくるのは、お得なのではないでしょうか。

ZenFone ARは、ハイエンド、ハイスペックなAndroidスマホが欲しい方には、気になるAndroidスマホだろうと思います。

ASUS公式オンラインショップ

ZenFone 3 ZoomをASUSが発表、デュアルカメラやポートレードモードに対応 - スマホウェブデジタル情報ブログ