スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

WWDC 2018基調講演、iOS 12、watchOS 5、tvOS 12、macOS Mojaveを発表


スポンサーリンク

Appleが、6月4日(現地時間)、WWDCの基調講演をサンノゼのマッケナリーコンベンションセンターで開催しました。

 

WWDC 2018基調講演では、iOS 12、watchOS 5、tvOS 12、macOS Mojaveを発表しました。

新しいハードウェアの発表はありませんでした。

簡単に気になるところをまとめておきます。

 

 

f:id:kobabiz:20180523092114j:plain

WWDC 2018基調講演、iOS 12、watchOS 5、tvOS 12、macOS Mojaveを発表

iOS 12

iOS 12は、パブリックβを6月末に配布予定で、一般向けには2018年秋リリースとのこと。

 

パフォーマンスの改善がなされるということですね。

iOS 11.4とiOS 12のiPhone 6 Plusで比較した場合、カメラの起動速度は70%速く、アプリの起動は2倍速くなり、文字入力をする際のキーボードの表示は50%高速になるということです。

これはいいですね。

なんだか、使っていて、もっさりした感じになると、遅く感じますから。

 

Siriに、ショートカット機能が追加され、特定の音声コマンドでアプリを起動できるようになるということです。

これは、やはり欲しいところですよね。せっかく音で操作できるわけですから、アプリを操作したいところです。

 

watchOS 5

watchOS 5も、2018年秋にリリースするということです。

 

「Activity Competitions」は、他のApple Watchユーザーとアクティビティ(活動状況)を共有できる機能ということです。

競争できるということですね。

 

「Auto-Workout Detection」は、ワークアウト(運動)の開始時に適切なワークアウト種別を選ぶように促す機能だそうです。

忘れても、遡って記録を取ってくれる機能もあるということです。

こういうのがあると、忘れても大丈夫なのでいいですね。

 

tvOS 12

「tvOS 12」はDolby Atmosサポートということです。

音がよくなるようですね。

 

また、シングルサインオンからより簡単なゼロサインオンにより、ログインがより簡単になるということです。iOS12とtvOS 12の連携によるもので、パスワードが自動入力されます。

macOS Mojave

maOS Mojaveが2018年秋に登場します。

 

ダークモードが搭載されて、黒を基調にしたデスクトップになりますね。

「Stacks」という、散らかってしまいがちなデスクトップのファイルアイコンをグループ別にまとめる機能が搭載されるということです。

これ、いいですね。

やはりデスクトップを整理できない時というのがありますから。

 

iOSとmacOSの統合はないが、アプリの開発はしやすく

iOSをmacOSの統合はないということでした。

しかし、iOSアプリから、macOSを開発しやすくするために、UIKitをmacOSでも使えるようにするということです。

2019年に提供されるということで、来年のWWDC以降なのでしょうか。

 

新しいハードウェアの発表はなし

新しいハードウェアの発表はありませんでした。

MacBookなどが発表されるかなと思っていたのですが、これは秋以降になるのかもしれませんね。

そうなると、昨年の秋以降に発表されたハードは、Apple Pencilが使えるiPadと赤いiPhone8です。

HomePodも登場しましたが、その話もないですし、WWDC18は、本当に開発者に特化した感じの回でしたね。