スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Surface GoをMicrosoftが発売。スペック、価格など。10インチディスプレイ。399ドルから。日本でも数週間のうちに予約開始


スポンサーリンク

Surface GoをMicrosoftが発売するということです。

アメリカでは予約が始まっています。日本でも、数週間のうちに、予約が開始されるということです。

 

日本でも、予約が開始されました。

Surface Goの予約が開始。発売日は8月28日。価格は64,800円 (税別)から - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

f:id:kobabiz:20180711083103j:plain

Introducing the New Surface Go – Portable Power – Microsoft

Surface GoをMicrosoftが発売。10インチディスプレイ。399ドルから。日本でも数週間のうちに予約開始

MicrosoftがSurface Goを発売

噂されていた、Surfaceの10インチ版。

Surface Goということで、発表されました。

ポケモンGOではないですが、持ち運びやすということで、名前がSurface Goなのでしょうね。

Surface Goの価格

メモリ4GB、ストレージ64GBモデルが399ドルで、メモリ8GB、ストレージ128GBモデルは549ドルとのこと。

本体が安いですね。

 

また、オプションのType Coverは99ドルからで、Surface Penは100ドルということです。また、同デザインのSurface Mobile Mouseは35ドルとのこと。

 

Type Coverと合わせても、648ドルです。価格もお手頃な感じですね。 

Surface Goの主なスペック、仕様

OS Windows 10 (Sモード)
CPU Pentium Gold 4415Y(2C/4T、1.6GHz)
メモリー 4GB 8GB
ストレージ 64GB eMMC 128GB SSD
ディスプレー 10インチ液晶(1800×1200、3:2)
通信機能 IEEE802.11ac、Bluetooth 4.1
インターフェース USB Type-C、ヘッドフォン、Surface Connect、microSDXCリーダー
カメラ リアカメラ:8メガ、インカメラ:5メガ
本体サイズ 245×175×8.3mm
重量 522g(Type Cover別)
バッテリー駆動時間 約9時間(ビデオ再生時) 

カラー Black、Platinum、Burgundy、Cobalt Blueの4色

 

10インチ液晶ですね。

重量が、522グラムとのこと。TypeCoverをつけるともう少し重くなりそうですね。

インターフェースがUSB-Cですね。Surface Connect、microSDXCリーダーもあります。

 

アメリカでの出荷は、8月6日

アメリカでの出荷は、8月6日ということです。

 

LTEモデルの発売は、今年中

Surface Goには、LTEモデルもあるということです。

が、発売は、今年中とのこと。 

Surface Goの日本での発売は?

日本でも、数週間のうちに予約が開始されるとのこと。

そうなると、日本での発売は、8月の終わりぐらいですかね。

 

LTEモデルの発売が、いつになるのか気になるところです。2018年中だと良いですよね。

小さく、軽く、安いSurface Go

Surface Goは、小さくて、軽くて、安いですね。

OSは、Windows 10 Sですが、標準のWindowsに変えられるということです。

 

CPUが、 Pentium Gold 4415Yということで、どうなのかというのは、気になるところですが、そこまで負荷のかかるものでなければ、大丈夫なのでしょうね。

小さいSurfaceが欲しかった方には、良さそうですよね。

iPad Proに対抗している価格やスペックになっています。

iPadとは、ちょっと用途が違うのかもしれませんが、Surface Penがあり、TypeCoverがあって、iPad Proと似たようなことに使えますよね。

 

Surface Goは、パソコンからスマホに寄せてきているもので、iPad Proは、スマホからパソコンに近づけている感じだなと思います。

どちらを買うか、結構迷うかもしれませんね。 安いほうを買うという感じになるのかもしれませんね。