スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Microsoftの新Webブラウザ(コードネーム:Spartan)の名称は「Edge」に


スポンサーリンク

Microsoftの新Webブラウザ(Spartan)の名称は「Edge」に

Microsoftの新Webブラウザ(コードネーム:Spartan)の名称が、「Edge」に決定したそうです。

Build 2015Microsoftが発表しました。

 

f:id:kobabiz:20150430101302j:plain

 

次期OS「Windows 10」の標準Webブラウザになります。

Edge(エッジ、刃物などの刃、接線、端、鋭さ、などの意)という名前は「消費と創造の接線にあるブラウザを表す」とのこと。

 

「It's the browser built for getting things done(さまざまなことを成し遂げるために作られたブラウザ)」というのが、広告の新しいキャッチコピーになるようです。

 

新しいブラウザ「Edge」は良さそう

新しいブラウザ「Edge」は、IEよりは良さそうです。

新しい技術も搭載されているので、今に合ったブラウザになるでしょう。

パソコンだけではなく、スマホにも対応するのは良いですよね。

 

ウェブサイト制作者には対応が必要かも

ユーザーとしては、より良いブラウザが登場するのは、うれしいところです。

しかし、ウェブサイト制作をしているとしたら、対応する必要が出てくるかもしれません。手間が増えるのは、あまりうれしいことではないでしょう。

Windows 10は、無料でアップデートも可能ですから、対応必要性が高くなりそうです。