スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

ソニーがスマートスピーカー「LF-S50G」を日本でも12月9日から販売。Googleアシスタント搭載


スポンサーリンク

ソニーがスマートスピーカー「LF-S50G」を日本でも12月9日から販売するそうです。Googleアシスタントを搭載しています。

 

 

f:id:kobabiz:20171027094553j:plain

LF-S50G | スマートスピーカー | ソニー

 

ソニーがスマートスピーカー「LF-S50G」を日本でも12月9日から販売。Googleアシスタント搭載

こちらのスピーカーを日本でもソニーが発売するということですね。

スマートスピーカー「LF-S50G」をソニーが発表。「Googleアシスタント」搭載 - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

Google アシスタント搭載。音楽の再生やニュース・天気予報などの情報検索まで声で操作

スマートスピーカー「LF-S50G」は、Googleアシスタントを搭載しています。

声で操作ができますね。

 

Google Homeとこのあたりは同様でしょう。

 

実売価格、2万5000円前後

スマートスピーカー「LF-S50G」は、実売価格2万5000円ほどということです。

ソニーストアでは、2万4800円(税別)ですね。

 

360°サウンド

「LF-S50G」は、スピーカーユニットを上向きのフルレンジスピーカーと下向きのサブウーファーに分離した「対向配置2ウェイスピーカーシステム」を採用することで、360°どこから聞いても聞こえ方が変わらない360°サウンドを実現しているそうです。

どこからでも、聞こえる音が変わらないということです。

 

「LF-S50G」は、防滴(JIS IPX3相当)

防滴ということで、「LF-S50G」は、キッチンなどでも水をあまり気にしないですみそうですね。

 

Bluetoothに対応

「LF-S50G」は、Bluetoothに対応しているので、ワイヤレススピーカーとして対応のスマートフォンやウォークマンの音楽をワイヤレスで楽しめるということです。

このあたりは、便利ですね。

Wi-Fiだけではないのが良いところですね。8台までの機器をペアリングすることができるマルチペアリングに対応しているそうです。

 

「LF-S50G」本体にデジタル表示の時計を搭載

「LF-S50G」本体にデジタル表示の時計を搭載しているので、時計としても使えます。

 

本体サイズは約110(直径)×162(高さ)ミリで、重量は約750グラムとのことで、スマートスピーカーとしては、少し重い感じでしょうか。

 

Google Homeとは若干違う、ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」

Google Homeよりも、高い値段設定の「LF-S50G」です。

そのぶん、細かいところで違っていますね。

ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」は、AIスピーカー、スマートスピーカーとして、少し違うものが欲しいという方には、良いかもしれません。

Xperia Hello!コミュニケーションロボットをソニーモバイルが発売。価格、発売日、スペックなど - スマホウェブデジタル情報ブログ