読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

ソニーが「格安スマホ」参入。イオンにXperia旧モデルを月額3000円程度で


スポンサーリンク

ソニーが「格安スマホ」に参入

ソニーが、格安スマホに参入するという報道がありました。


ソニー、「格安スマホ」に参入 イオンにエクスペリア旧モデル供給 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

Xperia Z2

Xperiaの旧モデルをイオンで提供。月額3000円程度

ソニーは「エクスペリア」シリーズの旧モデルを、イオンの各店舗で割安に販売する方向で最終調整している。料金は端末代の分割払いと通信費を合わせて月額3000円程度。端末価格は最新モデルの半額程度に当たる3万円台を想定している。

Xperiaの旧モデルを、イオンの店舗で販売する予定のようです。

端末代と通信費合わせて、月額3000円程度とのこと。これだと、旧モデルとは言え、大手の携帯電話会社よりだいぶ安い感じになりますね。

SIMカードは、So-netのカードに

ソニーは、仮想移動体通信事業者(MVNO)の子会社、ソネットが提供するSIMカードとのセット販売を提案しており、イオンはこれを受け入れる方針だ。

SIMカードは、So-netのカードとのセット販売になるようです。

Xperiaの旧モデルを、So-netのMVNOのSIMカードとセットで、イオンで販売する。

こういうことですね。

 

おサイフケータイも使える?

Xperiaが安く使えるというのはいいですね。

最新のモデルにこだわらないのであれば、良いのではないでしょうか。

格安スマホには、あまりおサイフケータイに対応したスマホがありません。Xperiaの旧モデルということだと、おサイフケータイも使えると良いですね。

グローバルモデルだと使えないでしょうけれど。

Android OSのバージョンアップは?

あと気になるのは、Android OSのバージョンアップですね。

Xperiaの良いところの一つは、OSをバージョンアップしていってくれるところです。

その分、長く使えます。

「格安スマホ」と言えども、OSのバージョンもしてくれると良いのですが、どうでしょうね。

 

期待してしまいますが、このあたりは、まだ発売の発表もありませんし、正式な発表後ですね。