読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

SIMロックの解除期間が、一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に短縮

iPhone Androidスマホ 携帯電話 ドコモ・au・ソフトバンク

スポンサーリンク

総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を策定し、SIMロック解除の期間を、現在の180日から短縮されるようです。

一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に短縮されるとのこと。

f:id:kobabiz:20170111092216j:plain

 

www.soumu.go.jp

 

SIMロックの解除期間が、一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に短縮

SIMロックの解除期間が、短縮されるようです。

これまでも、少しずつ解除期間が短くなってきましたが、さらに短くなるようです。

一括払いは、支払い確認後すぐに、割賦の場合は、100日以下になる

一括払いは、支払い確認後すぐに、割賦の場合は、100日以下になるということです。

こういう改正はいいですね。

一括払いで、支払い後すぐにSIMロック解除が可能ということです。

また割賦で100日以下ということは、約3ヶ月とちょっとすると、SIMロックの解除が可能です。これまでは、180日ということで半年ほどでしたが、これが半分ぐらいに短縮されます。

一括払いの場合、2017年12月1日から適用

一括払いの場合は、支払いを確認できるまでの期間、2017年12月1日から適用ということで、まだ少し先ですね。もう少し早くても良いのではないでしょうか。

割賦払いの場合は、2017年8月1日から適用ということです。夏からですね。

キャリアを解約する際も、2017年5月1日以降はSIMロックの解除を可能となるとのこと。

MVNO向けのSIMロックも廃止

また、2017年8月1日以降に発売される端末のMVNO向けのSIMロックも廃止となるようです。

現在は、ソフトバンクとau(au VoLTE)の回線を使ったMVNOのSIMカードを使用するには、端末をSIMロック解除する必要がありました。

アンドロイドの場合、auで使えなかったりしますよね。

これもなくなるということですね。

UQモバイルで、iPhone7は、テザリングができませんが、こういうのもなくなるのでしょうか。どうでしょうね。

端末代を回収できないことがあるためSIMロックをしてきたが、期間を短縮

これまで、端末代などを回収できないことがあるため、SIMロックをしていると携帯電話会社は回答していましたよね。

一括払いであれば、これは問題ありません。だから、SIMロックをすぐに解除できるようになるということですね。

割賦払いは、100日程度のようです。これはよくわかりませんね。100日だとまだ端末料金は払い切っていないでしょうから。まあ、短くなるのは良いなと思いますし、SIMロックが短くなるということですね。

個人的には、スマホの端末だけを売って欲しい

個人的に以前から思っていたのは、スマホの端末だけ売って欲しいということです。SIMロックせず、SIMフリーで。

回線は、MVNO・格安SIMで良いとも思いますし。

と思ってきたのですが、ドコモやau、ソフトバンクが、端末だけ販売するということは、まだなさそうですね。

何れにしても、SIMロックの解除期間が、一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に短縮されるということなので、まあ良いかなと思います。

とはいえ、回線を半年以内に解約するとブラックリストに載って、次回以降契約などができないなどと言われていたりするので、回線を解約はすぐにはしにくいので、そこまで大きな意味はないかもしれませんが。