読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Nextbit製スマホ「Robin」をソフトバンクが「+Style」で1000台限定で販売。価格は3万9980円


スポンサーリンク

Nextbit製スマホ「Robin」をソフトバンクが「+Style」で1000台限定で販売するとのこと。価格は3万9980円です。

 

f:id:kobabiz:20160524092937j:plain

Robin. The smarter smartphone. – Nextbit

クラウドで自由を獲得する。サンフランシスコ発の次世代スマートフォン「Robin」 | ショッピング | +Style (プラススタイル) : クラウドファンディング

Nextbit製スマホ「Robin」をソフトバンクが「+Style」で1000台限定で販売

Nextbit製スマホ「Robin」をソフトバンクが「+Style」で1000台限定で販売しています。

クラウドに、自動バックアップしてくれるスマホだそうです。

100GBのクラウドストレージがついてくるようですね。3万9980円ということで、約4万円です。

 

Robinの主な仕様

機種名Robin
メーカー Nextbit
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 808/1.8GHz 2コア+1.4GHz 4コア
メインメモリ 3GB
内部ストレージ 32GB
外部ストレージ 非対応
ディスプレイ 約5.2型 フルHD IPS液晶
解像度 1080×1920ピクセル
バッテリー容量 2680mAh(取り外し不可)
アウトカメラ 有効約1300万画素CMOS(位相差AF対応)
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー Mint、Midnight
サイズ 約72(幅)×149(高さ)×7(奥行き)ミリ
重さ 130グラム
 

Android 6.0で、4コアのCPU、メモリは3GB。

5.2インチのフルHDということです。重さが、130グラムとのこと。4万円のスマホとしては、なかなかの性能ではないでしょうか。

 

クラウドを活用したスマート・ストレージ

本体のストレージとクラウド上のストレージの間で自動的にデータのやり取りが行われ、ユーザーがあまり使っていないアプリや写真をRobinは自動的に判断してクラウド上にアップします。なので、本体のストレージ容量が一杯になることはありません。

クラウド上にアップされたデータを再び使いたい時は、もちろんタップ一つで簡単にデータを本体に戻すことができます。

自動的にクラウドとデータをやり取りして、あまり使っていない写真やアプリがクラウドにアップされるとのこと。

データを保存してくれるようですね。ここが、Robinの一番の特徴でしょう。これは便利かもしれません。 

 

外部接続端子はUSB Type-C、QuickCharge 2.0に対応

外部接続端子はUSB Type-Cで、Qualcommの超急速充電規格「QuickCharge 2.0」に対応しています。

USB Type-Cというのはちょっと変わっていませうね。QuickCharge 2.0に対応ということで急速充電にも対応しているとのことです。

 

デザインが、フラットな感じ

スマホのデザインが、フラットな感じで、四角いですね。こういうデザインのスマホが好きな人には、気になるデザインではないでしょうか。

1000台限定ということです。ちょっと変わったスマホが欲しい方に良さそうですね。

SoftBank、長期利用特典として、2年間最大15,000円分のTポイントをプレゼント