スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

OPPOが、「R15 Pro」と「R15 Neo」を発売。「R15 Pro」は防水+おサイフケータイ対応


スポンサーリンク

OPPOが、「R15 Pro」と「R15 Neo」を日本で発売するということです。「R15 Pro」は防水+おサイフケータイ対応とのこと。

 

 

OPPOが、「R15 Pro」と「R15 Neo」を発売。「R15 Pro」は防水+おサイフケータイ対応

OPPOが、「R15 Pro」と「R15 Neo」の主なスペック、仕様 

 

 
機種名 R15 Pro R15 Neo
メーカー OPPO
OS ColorOS 5.1(Android 8.1ベース)
プロセッサ Snapdragon 660 Snapdragon 450
メインメモリ 6GB 3GB/4GB
ストレージ 128GB 64GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約6.28型フルHD+ 有機EL 約6.2型HD+ TFT液晶
解像度 1080×2280ピクセル 720×1520ピクセル
バッテリー容量 3430mAh 4230mAh
アウトカメラ 有効約1600万画素CMOS+2000万画素CMOS 有効約1300万画素CMOS+200万画素CMOS
インカメラ 有効約2000万画素CMOS 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー レッド、パープル ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク
サイズ 約75.2(幅)×156.5(高さ)×8.0(奥行き)mm 約75.6(幅)×156.2(高さ)×8.2(奥行き)mm
重量 約180g 約168g
対応バンド FDD-LTE:Band 1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28
TD-LTE:Band 38、39、40、41
W-CDMA:Band 1、2、4、5、6、8、19
 

  

OPPO R15 Pro

f:id:kobabiz:20180815092040j:plain

OPPO R15 Proは、「防水」と「おサイフケータイ(FeliCa)」に対応したということです。

Snapdragon 660ということで、プロセッサは、ハイスペックというわけではありません。 

メモリが6GBで、ストレージが128GBということで、それなりに、ハイスペックなところもありますね。

 

ディスプレイが、約6.28型フルHD+ 有機ELということで、液晶ではないですね。

  

OPPO R15 Neo

OPPO R15 Neoは、6.2型HD+ TFT液晶ということで、こちらは、液晶ディスプレイです。 

 

メモリが、3GB/4GBがあるようです。

OPPO R15 Neoは、防水、おサイフケータイ非対応です。

 

価格、発売日などは、後日発表

価格、発売日などは、後日発表されるとのこと。

 

価格がどれくらいになるのでしょうかね。ミドルレンジの価格帯になってくるのかなと思いますが、そうなると、そこそこいい感じのスマホということになるかもしれませんね。