スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

任天堂の「健康」事業第1弾は睡眠計測デバイス 枕元に置くだけの「非ウェアラブル」


スポンサーリンク

任天堂が「健康」事業を行うそうです。

2014年10月30日(木)経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会

QOL事業の第1弾のテーマは「健康」であるということを申しあげましたが、「健康」に関わるどういうテーマを軸として扱うのかということ、そして、前回の経営方針説明会で申しあげた「Non-Wearable」とは、どういうものなのか、ということについてです。
私たちが、QOL事業で最初に主軸として扱う健康に関わるテーマですが、具体的には、「睡眠と疲労の見える化」です。

睡眠と疲労の見える化を行うということです。

f:id:kobabiz:20141031092216j:plain

まとめますと、
Five “Non” Sensingにより、誰もが容易に取り組めるようにして、娯楽企業の「おもてなし」と「続けられる」ノウハウにより、毎日楽しく続けられるようにすることで、結果的にQOLが向上していくサイクルを生み出す、というのが、QOL向上プラットフォームの基本要素、ということになります。

Five Non Sensingということで、5つのなしで簡単に取り組めるようにしているそうです。

これらでQOLを改善していくということです。

 

任天堂も健康事業をやっていくそうです。

この分野はまだまだこれからというところがあります。専業のところが考えることとは違ったアプローチ、方法を取ることができるのではないでしょうか。異業種が入って行くとおもしろいことになっていきそうですね。