スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

日本国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェア、Appleが6年連続で1位を獲得


スポンサーリンク

日本国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェアで、Appleが6年連続で1位を獲得したようです。

MM総研が調査結果を発表しています。

 

 

f:id:kobabiz:20171025084813j:plain

2017年国内携帯電話端末出荷概況 « ニュースリリース | 株式会社MM総研

 

日本国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェア、Appleが6年連続で1位を獲得

2017年国内携帯電話端末出荷概況を、MM総研が発表しています。

 

2017年1-12月期の総出荷台数は前年比3.6%増の3,735.4万台

2017年1-12月期の総出荷台数は前年比3.6%増ということです。

5年振りの増加に転じたということです。

 

スマートフォン出荷台数は前年比8.7%増の3,199.4万台で過去最高

スマートフォン出荷台数は3,199.4万台で、2012年を抜いて過去最高の出荷実績とのことです。

特に中~低価格帯のAndroidスマートフォンが好調だったということで、台数は、売れたということでしょうか。

 

Appleが前年比2.0%減の1,558.9万台(シェア41.7%)も6年連続1位

Appleが、シェアでは6年連続1位ということです。

iPhoneユーザー、多いですよね。

 

Appleの世界スマートフォン売上高シェア、2017年第4四半期は51%。2位はSamsung、3位はHuawei - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

フィーチャーフォン出荷台数は前年比19.3%減の536万台で過去最低を更新

フィーチャーフォンは、2000年以降の出荷統計では、2016年に引き続き過去最低を更新し、3年連続での約2割減となっており、2014年台数からは半減したということです。

 

日本では、やはりiPhone強しというところでしょう。

また、Androidスマホも、中〜低価格帯のものが売れたようです。

2018年は、どうなるでしょうね。