スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

モバイルバッテリー、PSEマーク必須に。電気用品安全法(PSE法)の規制対象となる


スポンサーリンク

モバイルバッテリー、PSEマーク必須になったということです。電気用品安全法(PSE法)の規制対象となったということです。

 

 

 

 

 

トピックス - 電気用品安全法(METI/経済産業省)

 

モバイルバッテリー、PSEマーク必須に。電気用品安全法(PSE法)の規制対象となる

 

近年事故が多発しているリチウムイオン蓄電池が組み込まれたポータブルリチウムイオン蓄電池(いわゆるモバイルバッテリー)について、今後、電気用品安全法の規制対象として取り扱うことを明確にすべく「電気用品の範囲等の解釈について」を一部改正しました。

 

これにより、モバイルバッテリーは、電気用品安全法(PSE法)の規制対象となり、PSEマークを取得していない製品の製造・輸入・販売ができなくなるということです。

 

適用は、2018年2月1日から

2018年2月1日から適用となるものの、猶予期間として、2019年1月31日までは、従前の例によることが可能とのこと。

 

1年ほど猶予があるということですね。

 

輸入、販売ができなくなるということで、輸入している企業も、対応を迫られることになりますね。

Ankerなどが有名ですが、対応することになるのでしょうね。今は、対応しているのでしょうか。