スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

LINE、スマートスピーカー「WAVE」2017年秋発売。1万5000円。AIプラットフォーム、Clovaに対応


スポンサーリンク

LINEが、スマートスピーカー「WAVE」を2017年秋に発売するそうです。価格は、1万5000円(税別)とのこと。

 

 

f:id:kobabiz:20170616095436j:plain

 

LINE、スマートスピーカー「WAVE」2017年秋発売。1万5000円

Clovaに対応したスピーカー、WAVE

Clovaは、LINEが「スマートフォン以降のAI時代」を目指して展開するクラウドAIプラットフォームです。

このClovaによるAI機能を搭載した、スマートスピーカーやデバイスを順次発売していくとのこと。

 

家電とも連携するスピーカー

Clovaの第1弾となるWAVEはBluetooth/無線LANスマートスピーカーで、クラウドAIを用いて、ユーザーと対話しながら操作できるとのこと。

「Clova、テレビ消して」などと話し掛けるとテレビを消すなど、家電製品との連携機能を搭載するそうです。

 

2.5インチ20Wウーファと、1.5Wツィータを搭載

2.5インチ20Wウーファと、1.5Wツィータを搭載しています。

 

LINE MUSICと連携

LINE MUSICと連携し、4,000万曲から好きな曲を再生できるそうです。

LINE MUSICを利用するには月額料金が掛かるが、WAVEの本体価格に含むかどうかは今後検討するとのことです。

本体価格に含まれると、いいですよね。

 

また、LINE MUSICとの連携では、楽曲名やアーティストを指定できるほか、その場の雰囲気やユーザーの気分にあわせた曲を「WAVE」がオススメすることも可能だそうです。

オススメされたりするようですね。

 

LINEの通知なども読み上げてくれる

メッセンジャーアプリ「LINE」に届いた通知を読み上げてくれる機能もあるそうです。

LINEが作るわけですから、ここは、そうなりますよね。

 

また、天気やスケジュール、LINE NEWSなどを読み上げる機能も搭載ということで、このあたりもスマートスピーカーですね。

 

WAVEの主な仕様

プロセッサはQualcomm APQ8009 1.3GHz、RAM 1GB、内蔵ストレージは8GB。

バッテリは5,000mAh。

サイズは86.25(幅)×139.84(奥行き)×201.05(高さ)ミリ、重さは998グラム。

 

ディスプレイ付きのFACEなども発売

f:id:kobabiz:20170616100203j:plain

今後、ディスプレイ付きのFACEも発売するそうです。

持ち運べるCHAMPというスピーカーも発売する予定とのこと。

 

他社とClovaと連携していく

他社ともClovaを連携していくようです。

「Xperia Ear オープンスタイル」など、XperiaスマートプロダクトとClovaが連携するなども行うようですね。

ファミリーマートも、店舗で連携などを考えているようです。

 

LINEとしては、海外勢が日本語対応に遅れているということから、先行したいと考えているようですね。

Appleが、アメリカで2017年冬にHomePodを発売します。

AIスピーカー、スマートスピーカーがこれからいろいろと登場してくるのでしょう。どのような様相になっていくのか気になりますね。

Appleが、HomePodやiMac Pro、iOS 11、macOS High SierraなどをWWDC2017で発表 - スマホウェブデジタル情報ブログ

Google Home、2017年夏に日本でも発売。スピーカー型端末が、日本でも - スマホウェブデジタル情報ブログ