スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

LG G7 ThinQを、LGが発表。“切り欠き”、AIカメラ搭載。主なスペック、仕様


スポンサーリンク

LG G7 ThinQを、LGが発表しました。“切り欠き”やAIカメラを搭載しています。

 

 

f:id:kobabiz:20180507091814j:plain

 

LG G7 THINQ OFFERS DEEP AI INTEGRATION FOR MAXIMUM USER CONVENIENCE | LG Newsroom

 

LG G7 ThinQを、LGが発表。“切り欠き”、AIカメラ搭載

LG G7 ThinQ

LG G7 ThinQは、LG G6の後継のLGのフラッグシップスマホですね。

 

切り欠きがある

まず、LG G7 ThinQには、いわゆる切り欠きがありますね。

ここに、フロントカメラなどがあります。

 

AIカメラを搭載

カメラは「AIカメラ」を搭載しているとのこと。

ディープラーニング採用の画像認識技術「AI CAM」で、より良い写真を撮影できるようになっているということです。

 

簡単に綺麗に写真を取れるということなのかもしれません。

指紋認証は、背面に

指紋認証は背面にあります。

 

このため、正面の画面の占有率が高くなっていますね。

このあたりは、トレンドに対応しているというところでしょうか。 

LG G7 ThinQの主なスペック、仕様

「LG G7 ThinQ」の主な仕様
機種名 LG G7 ThinQ
メーカー LG Electronics
OS Android 8.0 Oreo
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 845
メインメモリ 4GB/6GB
ストレージ 64GB/128GB
外部メモリ microSDXC(最大2TB)
ディスプレイ 約6.1型 液晶
解像度 1440×3120ピクセル
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 1600万画素×2
インカメラ 800万画素×1
ボディーカラー New Platinum Gray、New Aurora Black、New Moroccan Blue、Raspberry Rose
サイズ 約71.9(幅)×153.2(高さ)×7.9(奥行き)mm
重量 約162g
 

 

6.1インチ液晶、1440×3120ピクセル

ディスプレイは、6.1インチ液晶で、1440×3120ピクセルとのこと。

比較的大きなディスプレイですね。

有機ELではなく、液晶ディスプレイということです。

 

最高輝度1000nitで、太陽光下でも見やすいということです。

見やすいディスプレイが良い方には、良いかもしれませんね。 

 

また縦の解像度が高いので、縦に長いコンテンツを読むのにも良さそうです。

重さが、162グラム

重さが、162グラムとのことで、ディスプレイの大きさのわりには、そこまで重くはないですね。

 

最近のスマホは、画面が大きくなって重くなるという傾向があるので、そこまで重くないというのはいいですね。

 

LG G7 ThinQは、トレンドに対応したスマホ

LG G7 ThinQは、今のスマホのトレンドに対応しているスマホのように見えますね。

 

気になるのは、価格でしょうか。

これで、お得な価格であれば、スマホの買い替えの選択肢になってくることもありそうですが。