スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

iPhone8・iPhone8 PlusをAppleが発表。仕様・スペック。9月15日予約開始で、9月22日発売


スポンサーリンク

iPhone8・iPhone8 PlusをAppleが発表しました。9月15日予約開始で、9月22日に発売です。

iPhoneXと合わせて、iPhone8、8 Plusも発表しています。

AppleがiPhoneXを発表 - スマホウェブデジタル情報ブログ

 

f:id:kobabiz:20170914090059j:plain

 

iPhone8・iPhone8 PlusをAppleが発表。仕様・スペック。9月15日予約開始で、9月22日発売

iPhone8・iPhone8 PlusをAppleが発表しています。

以下が、iPhone8・iPhone8 Plusの仕様、スペックですね。

9月15日予約開始で、9月22日発売

iPhone8・iPhone8 Plusは、9月15日予約開始で、9月22日発売です。

予約開始は、午後4時1分からですね。

ソフトバンクオンラインショップ 
auオンラインショップ 
ドコモオンラインショップ

iPhone8・iPhone8 Plusの仕様・スペック

 

  iPhone 8 iPhone 8 Plus
容量 64/256GB
ディスプレー 4.7型液晶 5.5型液晶
画面解像度 1334×750
ドット
1920×1080
ドット
画素密度 326ppi 401ppi
コントラスト比 1400:1 1300:1
サイズ 67.3×138.4
×7.3mm
78.1×158.4
×7.5mm
重量 148g 202g
CPU Apple A11、M11
カメラ 12メガ
/F値1.8
12メガ×2
/F値1.8、2.8
インカメラ 7メガ/F値2.2
動画撮影 4K/60fps、フルHD/240fps、フルHD(イン)
手ぶれ補正 ○(光学式)
生体認証 ○(指紋)
販売キャリア ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)/3.5GHz(42)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)/3.5GHz(42)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)/900MHz(8)/AXGP(41)
最大通信速度 下り800Mbps
VoLTE
Wi-Fi a/b/g/n/ac MIMO対応(2.4/5GHz)
防水防塵
3D Touch
FeliCa
SIMサイズ nanoSIM
コネクター Lightning
通話時間 14時間 21時間
ネット利用時間 12時間 13時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/40時間
14時間
/60時間
ワイヤレス充電
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレイ

 

iPhone8のCPUは、iPhoneXと同じ?

CPUが、 Apple A11、M11ということで、iPhoneXとCPUは同じようです。

全く同じものなのかわかりませんが、少なくとも、スペック表では同じですね。

 

iPhone8のサイズは、iPhone7とほとんど変わらず

iPhone8とiPhone8 Plusのサイズは、iPhone7、iPhone7Plusとほとんど変わらないということです。

これなら、iPhone7シリーズのケースを使うことができそうですね。もちろん、きっちりしていると微妙に違うようなので、使えないケースもありそうですが。

iPhone8、iPhone8 Plusの重さ

iPhone8は、148グラム、iPhone8 Plusは202グラムです。

どちらも、iPhone7より重くなっていますね。

これはガラス筐体になったからなのでしょうか。あまり変わらないようですが、重くなるのはちょっと残念ですね。

まあそこまで変わらないとは思いますが、少しでも軽いほうが良いということだと、少し残念ですよね。 

ワイヤレス充電、高速充電に対応

iPhone8、iPhone8 Plusは、ワイヤレス充電、高速充電に対応しています。

2018年発売予定のApple純正の充電パッド「AirPower」に対応しています。

また、Qiに対応ということなので、Qiに対応している充電機器を使えば、ワイヤレス充電ができるものと思われます。

まあ、充電器によりますが、iPhone8にケースをつけたままでもワイヤレス充電ができることでしょう。

 

また、高速充電に対応しています。 30分で最大50%充電できるということで、短時間でiPhoneを充電できますね。

iPhone8、iPhone8 Plusのカメラ

アウトカメラはiPhone 8が「1200万画素センサー・F1.8レンズ」で、iPhone 8 Plusが「1200万画素センサー・F1.8レンズ」の広角カメラと「1200万画素センサー・F2.8レンズ」の望遠カメラのデュアルカメラになっています。

 

デュアルカメラを使いたいなら、iPhone8 Plusですね。

iPhone8 Plusは、光学ズームにも対応しています。カメラが良いのが、iPhone8 Plusということになります。

 

また、インカメラ(FaceTime HDカメラ)は両機種ともに「700万画素・F2.2レンズ」を搭載しているとのこと。 

Touch IDが搭載

これまで通り、iPhone8には、Touch IDが搭載されています。

iPhoneXでは、Touch IDが廃止されて、Face IDになっています。Touch IDを使いたいなら、iPhone8ということになりますね。

これまでと同じような使い方をしたい方には、iPhone8、iPhone8 Plusは良いのではないでしょうか。

逆に、Face IDを使いたいということなら、iPhoneXということになりますね。 

iPhone8のカラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイ

iPhone8、iPhone8 Plusのカラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイと3色になっています。

カラーが豊富だった、iPhone7とはまた違いますね。3色ということで、シンプルな選択になっています。なぜ減らしたのでしょうね。分散すうるからでしょうか。

個人的には、ブルーなど、これまでにないカラーがあれば、それが売れると思うのですが、逆に、そこに集中してしまうのを嫌ったのか。

それとも、今後、カラーを増やすということもあるのか。また、REDなどが登場することもあるのかもしれません。 

ガラス筐体、ワイヤレス充電に対応のiPhone8、iPhone8 Plus

iPhone8、iPhone8 Plusは、ガラスボディになっています。これは、ワイヤレス充電に対応させるためなのかもしれません。

 

全体として、iPhone7からアップデートして、CPUやワイヤレス充電・高速充電対応などが特徴となっています。 

iPhone7から、iPhone8、順当なアップデートという感じですね。

これまでのiPhoneと同じような感じで、今までのiPhoneと同じように使いたいという方に良さそうです。

iPhoneXと比較すると、iPhone8が小さく軽く、iPhone8 Plusが大きく重い、そんな風になっています。iPhone6sなどからアップデートするのは良さそうな感じに仕上がっているiPhone8、iPhone8 Plusですね。