読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

iPhone向け「Googleアプリ」でAMP対応やお店の混雑時間の表示機能追加


スポンサーリンク

iOS版の「Googleアプリ」でAMP対応やお店の混雑時間の表示機能追加されたそうです。

f:id:kobabiz:20160530093330j:plain

Inside Search: Speeding up the Google app for iOS users

iPhone向け「Googleアプリ」でAMP対応やお店の混雑時間の表示機能追加

検索結果の「トップニュース」カードに表示される記事カードにAMP対応のものがあると、記事の横に稲妻のマークと「AMP」という文字が表示されるようになりました。

こうした記事は、AMPによって高速に表示されるということです。

 

お店の混雑時間を表示

レストラン名などを検索した結果の情報カードに、そのお店の曜日別混雑時間がグラフで表示されるようになったそうです。

どの時間が混みやすいのかがわかるということですね。

こういうのもわかるんですね。

 

Google Assitantと連携したら便利そう

Googleが、最近、Google Assitant機能を発表しました。

web.sinka0.com 

「Google assistant」Googleがパーソナルアシスタント機能を発表 Google assistantは、自然言語によるパーソナルアシスタント機能です。 「Allo」やビデオチャットアプリ「Duo」、「Google Home」などで利用できるということです。

「Google assistant」Googleがパーソナルアシスタント機能を発表 - スマホウェブデジタル情報ブログ

お店の混雑時間がわかるなら、Google assistantと連携したら便利そうですよね。

空いているレストランを予約などできたりしたらいいなと思います。 オススメのレストランも教えてもらえると、さらに便利ですね。

アシスタント機能は、自分でできないというかあまりやらないことをやってくれるというのが良いのではないでしょうか。そうすれば、発見がありますから。

あとは、いつもやっていることを自動化するですね。自動化はIFTTTなどがありますから、やはり自分ではやらないようなことを提案してもらえると良さそうですね。