読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

ドコモ、iモードケータイの出荷を2016年内に終了。らくらくホンは出荷を継続


スポンサーリンク

ドコモが、iモードケータイの出荷を2016年内に終了するそうです。以後は在庫限りとのこと。らくらくホンは出荷を継続するそうです。

f:id:kobabiz:20161103090706j:plain

ドコモからのお知らせ : ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について | お知らせ | NTTドコモ

 

ドコモ、iモードケータイの出荷を2016年内に終了。らくらくホンは出荷を継続

  • ドコモ ケータイ(iモード)は2016年11月~12月を目途に出荷終了し、在庫限りで販売終了いたします。ドコモ ケータイをお求めのお客様にはドコモ ケータイ(spモード)をご用意しております。
  • ドコモ らくらくホン(iモード)については当面出荷継続いたします。
  • iモードサービスは今までと変わらず引き続きご利用いただけます。

 

ということで、2016年内に、iモード携帯は終了ということです。

 

らくらくホンは当面継続。iモードサービスも継続

らくらくホンは、当面継続出荷するということです。

iモードサービスも継続とのこと。

 

iモードの携帯が出荷されないということですね。

1つの時代が終わる?

1つの時代が終わるというところでしょうか。

iモードは、当時やはり、流行りましたよね。携帯電話でネットができるというのは画期的でした。それまでは、パソコンで家や会社でネットは見るものでしたから。

ケータイで、親指で矢印を押して、メニューを選ぶ。

ケータイの画面をのぞき込んで、iモードのサイトを見る。そういう人たちの姿が、電車や学校などで多かったですよね。

その後、iPhoneが登場して、スマホの時代に

その後、iPhoneが登場して、Androidスマホも登場して、スマホの時代になりました。

最近では、新製品のほとんどが、スマホですし、いわゆるガラケータイプも、OSはAndroidだったりしますね。

ドコモ、2016-2017年冬春モデル発表。Xperia XZ SO-01J、X Compact SO-01J、arrows NX F-01Jなど - スマホウェブデジタル情報ブログ

ケータイを使っている人は多いでしょうけれど、iモード対応のサイトを使うという人は、あまり多くなくなっているのだろうと思います。

まあ、厳密に言うと、iモードという通信形態のケータイが販売されないということで、spモードのケータイは販売されるのですけれど。

そして、らくらくホンも販売されるそうです。需要があるんでしょうね。おそらく。

また、iモードサービスが終わるわけではないので、いま使っている人は今後も、今のところは使えますよね。

iモードサービスが終わったら、1つの時代の終わりなのかもしれませんね。