スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

FREETEL、「SAMURAI KIWAMI(極) 2」「RAIJIN(雷神)」を発表。10コアCPU・DSDSと大容量バッテリー


スポンサーリンク

FREETELが、Androidスマホ「SAMURAI KIWAMI(極) 2」「RAIJIN(雷神)」を発表しました。

KIWAMI(極)2は、10コアCPUでDSDS、RAIJIN(雷神)は大容量バッテリーでDSDSということです。KIWAMI(極)2の予定販売価格は4万9800円(税別)で、12月の発売を予定しています。RAIJIN(雷神)の予定販売価格は2万9800円(税別)で、こちらも12月の発売予定です。

f:id:kobabiz:20161007094040j:plain

www.freetel.jp

www.freetel.jp

 

FREETEL、「SAMURAI KIWAMI(極) 2」「RAIJIN(雷神)」を発表。10コアCPU・DSDSと大容量バッテリー

 

極2の10コアのCPUとはすごいですね。8コアのスマホは、最近それなりに登場しています。しかし、10コア・デカコアは、まだほとんど見ません。これは、かなりハイスペックな感じですね。

一方、RAIJIN(雷神)は、バッテリーが多くて、薄いというのが特徴ですね。こちらは、ほかの特徴はそこまでないですが、それでもハイスペックですね。

 

KIWAMI(極) 2の主な仕様

サイズ / 重量 H157.2mm x W77.5mm x D7.2mm / 168g
OS Android 6.0 Marshmallow
CPU MT6797(Helio X20) 10Cores
Cortex-A72×2(2.3GHz)
Cortex-A53 × 4(2GHz)
Cortex-A53×4(1.4GHz)
メモリ 4GB RAM / 64GB ROM
外部メディア:非対応
ディスプレイ 5.7inch WQHD 1440×2560 Super AMOLED /
Gorilla® Glass 3
カメラ リア:1,600万画素 / フロント:800万画素
バッテリー 3400mAh ※取り外し不可 

USB Type-C (USB2.0)
SIM スロット数:2
タイプ:nano / nano
Wi-Fi Wi-Fi (802.11 a/ac/b/g/n)
2.4GHz&5GHz
ネットワーク(周波数帯) 2G(GSM): B2/3/5/8​
3G(WCDMA): B1/5/6/8/19​
4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B​
4G(CA): B3/19, B1/19
Bluetooth Version:4.1 HS対応
テザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB
センサー GPS搭載 (A-GPS対応) / GLONASS / Beidou/
加速度センサー /近接センサー / 光センサー /
重力センサー / 気圧センサー / ジャイロセンサー /
磁気センサー / e-compass / 指紋センサー

KIWAMI極 2の特徴

KIWAMI極 2は、5.7インチのWQHDのLED液晶ですね。Android 6.0ですが、Android7.0にアップデート予定ということでしたね。

なんといっても、10コアのCPUでしょう。スマホが、10コアの時代になっていくのでしょうか。そして、メモリ4GB、ストレージが64GBです。こちらもスペックが高めですね。さすが、フラッグシップモデルです。

また、nano/nanoのデュアルSIM、デュアルスタンバイです。USB Type-Cになるということです。

5.7インチながら、168グラムとそこまで重くはありません。

これで、5万円ほどというのは、性能的にはすごいのではないでしょうか。まあ、防水とかおサイフケータイとかには非対応ですが。

 

RAIJIN(雷神)の主な仕様

サイズ / 重量 H153.0mm x W76.0mm x D8.7mm / 183g
OS Android 7.0 Nougat
CPU MT6750T Octa Core Cortex-A53 (4x1.5GHz + 4x1.0GHz)
メモリ 4GB RAM / 64GB ROM
外部メディア規格:Micro SD /
Micro SDHC / Micro SDXC(最大容量128GB)
ディスプレイ 5.5 Inch FHD 1080×1920
Gorilla® Glass 3
USB Type-C (USB2.0)
SIM スロット数:2
タイプ:micro / nano
カメラ リア:1,600万画素 / フロント:800万画素
バッテリー 5,000mAh ※取り外し不可

Wi-Fi Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)
2.4GHz&5GHz
Bluetooth Version:4.0 BLE対応
テザリング Wi-Fi / Bluetooth / USB
ネットワーク(周波数帯) 2G(GSM): B2/3/5/8​
3G(WCDMA): B1/5/6/8/19​
4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B​
4G(CA): B3/19,B1/19
センサー GPS搭載 (A-GPS、QZSS対応) / GLONASS /
加速度センサー /近接センサー / 光センサー /
重力センサー / ジャイロセンサー /
e-compass / 指紋センサー

 

RAIJIN(雷神)は、Android 7.0です。こちら、8コアです。

5.5インチのFHDです。こちらも、メモリ4GB、ストレージが64GBです。

micro/nanoのDSDSですね。バッテリー容量が、5,000mAhとこのサイズでは多いですね。

こちらは、ハイスペックでありながら、バッテリー容量も欲しいという方に良さそうです。

FREETELは、ハイスペックスマホにも力を入れている 

 FREETELは、格安SIM、格安スマホを提供しています。

そんなFREETELですが、ハイスペックなスマホにも力を入れていくということなのでしょう。

さすがにまだ10コアのスマホは、ほとんど市場には登場していません。そんななかで、10コアのKIWAMI 2は、インパクトがそれなりにあるのではないでしょうか。

まあ、そこまでハイスペックな端末が欲しい人が多いかというとそうでもないのかもしれませんが。

いずれにしても、「KIWAMI(極) 2」「RAIJIN(雷神)とFREETELが発表しました。ハイスペックなスマホを提供していくということをアピールする狙いがあって、今後も続けていくとしたら、気になるところですね。

「FREETEL SIM」初期費用299円のパッケージ登場。10月18日販売開始。Instagramなど4サービスの通信を無料化12月予定 - スマホウェブデジタル情報ブログ