スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Samsungが、プロセッサ「Exynos 9 Series(9810)」をCES 2018で披露。「Face ID」のような機能搭載


スポンサーリンク

Samsungが、新しいプロセッサ「Exynos 9 Series(9810)」をCES 2018で披露するということです。「Face ID」のような機能を搭載しているようですね。

 

 

f:id:kobabiz:20180105100126j:plain

Samsung Optimizes Premium Exynos 9 Series 9810 for AI Applications and Richer Multimedia Content – Samsung Global Newsroom

Samsungが、プロセッサ「Exynos 9 Series(9810)」をCES 2018で披露。「Face ID」のような機能搭載

Exynos 9シリーズは、AIに対応しているプロセッサということですね。

Exynosは、サムソンのチップです。

が、日本のGalaxyには、Snapdragonがこれまでは搭載されてきたようで、あまり関係ないかもしれませんが。

日本で搭載されないのは、おそらくコストの問題なのでしょう。実際のところはわかりませんが。

 

FaceIDのような機能も搭載

Exynos9は、iPhoneの顔認証技術、FaceIDのような機能も搭載するということです。

GalaxyというかAndroidにも、顔認証技術はありますが、CPU、プロセッサが対応するということですね。

 

Exynos 9 Series 9810チップには8つのコア

Exynos 9 Series 9810チップには8つのコアが搭載されているとのことです。

そのうち4つは第3世代のカスタムコアで、最大処理速度2.9GHzに達するということです。

また、シングルコアパフォーマンスはこれまでの2倍になり、マルチコアパフォーマンスでは40%の性能向上がみられるとのことです。

シングルコアで2倍とはすごいですね。

 

まあ、でも、日本でドコモなどから発売されるであろう、Galaxy S9などでは、搭載されないことが予想されますが。

 

量産するのがむずかしいからなのか、それとも、コストが理由なのか。

いずれにしても、サムソンの新しいExynosは、AIに対応して、パフォーマンスも上がっているということですね。