読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

Microsoft、EvernoteからOneNoteのデータインポートツールを公開


スポンサーリンク

Microsoftが、EvernoteからOneNoteのデータインポートツールを公開しました。

Import content from Evernote to OneNote

f:id:kobabiz:20160314094427j:plain

Microsoft、EvernoteからOneNoteのデータインポートツールを公開

Microsoftが、Evernoteのメモアプリ「Evernote」のメモデータをメモアプリ「OneNote」にインポートするためのWindows版アプリ「OneNote Importer」をリリースしました。

EvernoteからOneNoteに移行ができますね。

Mac版も数ヶ月中に公開の予定とのこと。

 

OneNoteとEvernoteの違い 

 OneNoteEvernote
Windows、Mac、iOS、Android、Web で利用可能
モバイルのメモにオフラインでアクセス Evernote Plus または Premium が必要
毎月無制限のアップロード 60 MB/月 (無料)
1 GB/月 (Evernote Plus)
自由形式のキャンバスを使用してページの任意の場所に書き込む
コンテンツを他のユーザーと共有
Web からコンテンツをクリップ
メモにメールを保存 Evernote Plus または Premium が必要
名刺のデジタル化 Evernote Premium が必要

こんな違いがあると、ツールのダウンロードページにありました。

たしかに、こうやって比べると、OneNoteのほうが良いのかもしれません。

 

ただ、Office365に入らないと、全部は使えないのではないでしょうか。Officeとの連携などを考えると、OneNoteのほうがいいのかもしれません。

メモアプリ

が、OneNoteは、個人的には、どうも使いにくいです。ノートブックが使いにくいというところでしょうか。UIが悪いのか、デジタルメモ帳としては、個人的にはいまいちな感じです。 できることはいろいろとあって機能的には問題はないのですけれど。

「メモ」というより「ノート」になっている感じが強いというとわかるでしょうか。メモは、切り離せますよね。ノートは切り離さない。

まだ、Google Keepのほうが使いやすいかなと。Appleのメモが一番軽くて使いやすいところですが、Windowsのメモアプリがないというのはありますね。Appleのメモは機能的にも、少し簡易的すぎますしね。

AppleのメモがWindowsアプリが登場して、タグなどを使えたら、一番良いかなと個人的には思っています。

Evernote

Evernote

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料