スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

auが「4年縛り」を見直す方針。公取委の指導に対応、ソフトバンクも続く見込み


スポンサーリンク

auが「4年縛り」を見直す方針ということです。公取委の指導に対応するということですね、

ソフトバンクも続く見込みとのこと。

 

スマホの「2年縛り」の違約金、2019年3月までに廃止?総務省が行政指導 - スマホウェブデジタル情報ブログ

総務省が、このところ、いわゆる「縛り」に関して、指導をしていました。このため、auが、4年縛りを見直すということです。

 

 

au

auが「4年縛り」を見直す方針。公取委の指導に対応、ソフトバンクも続く見込み

公取委が問題を指摘した「4年縛り」

「4年縛り」と呼ばれるプランは、iPhoneなどのスマートフォンの端末代金を4年間の分割払いで契約し、2年後に機種変更して同じプランに再加入すれば分割払いの残額が免除され、実質負担が半額になるというプランです。

この販売手法は、負担額を半額にするためには同じプランに再加入する必要があることから、他キャリアやMVNOへの乗り換えが困難になります。

これを、公正取引委員会が問題視したということですね。

 

再加入を条件から外す

auは契約2年後の「再加入」を条件から外すことを検討している、ということです。

また、ソフトバンクも、公正取引委員会の指摘を踏まえて改善を検討する方針ということですね。

 

「4年のプラン」がなくなるというわけではなくて、再加入しなくてもいいということになるようです。

auは、「アップグレードプログラムEX」として2017年7月から、ソフトバンクが「半額サポート」として2017年9月から導入しているわけですが、これが、2年後の再加入が条件ではなくなるということですね。

 

「4年のプラン」もお得かも

4年の中で、2年後の再加入が条件でないなら、続ければ半額で使えるという選択肢もあるわけで、少しお得かもしれませんね。

MNPしてしまうと、あまりメリットはないというか、少し損になってしまうかもしれませんが、同じ携帯電話会社を使うという長期ユーザーにはお得かもしれません。