スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

arrows M04が登場。2017年7月下旬から発売


スポンサーリンク

arrows M04が登場。2017年7月下旬から発売。 

 

 

f:id:kobabiz:20170711094024j:plain

arrows M04 - スマートフォン - FMWORLD.NET(個人) : 富士通

 

arrows M04が登場

格安スマホとして、防水でおサイフケータイに対応していて、人気だったarrows M03の後継機、arrows M04が登場しました。

 

 

価格は、3万円前後

価格は、MVNOなどで異なっているようですが、3万円前後のようですね。

NifMoでは、税別31,112円です。

NifMo

arrows M04の主な仕様

「arrows M04」の主な仕様
機種名 arrows M04
メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ
OS Android 7.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 410 /1.2GHz 4コア
メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ(解像度) 約5型 IPS液晶(720×1280ピクセル)
連続通話時間 約530分(LTE)/約660分(W-CDMA)
連続待ち受け時間 約640時間(LTE)/約780時間(W-CDMA)
バッテリー容量 2580mAh
アウトカメラ 約1310万画素 CMOS
メインカメラ 約500万画素 CMOS
ボディーカラー White、Black(標準)
Denim Blue(ビックカメラグループ、IIJmio限定)
Gold(楽天モバイル限定)
Green(mineo限定)
サイズ 約71(幅)×144(高さ)×8.0(奥行き)mm
重量 約148g
対応周波数帯(モバイル通信) LTE:Band 1/3/8/19/26
W-CDMA:Band 1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz

 

arrows M04のOSは、Android7.1ですね。

プロセッサは、Snapdragon 410で、メモリが2GB、ストレージが16GBです。 

 

MIL規格のに準拠。泡ソープで本体を洗える

arrows M04は、米国防総省の物資調達基準「MIL規格」に準拠しているそうで、泡のソープで本体を洗えるそうです。

洗えるスマホということで、水にも比較的強いのでしょう。

 

スペックは低め。5インチ液晶

arrows M04のスペックは、2017年としては、低めですね。ローエンドのスマホという位置付けになるかもしれません。

ディスプレイはHD(720×1280ピクセル)の5型IPS液晶を採用していて、最近の大型化しているスマホとは、ちょっと違いますね。

小さい画面のAndroidスマホが欲しい方には、良いかもしれません。

 

アウトカメラは1310万画素、アウトカメラは500万画素のCMOSセンサーを採用で、これは、arrows M03と同等ということのようです。

 

カラーは全部で5色、2色は共通で、販路によって異なる限定の3色

ボディのカラーは、全部で5色で、2色は共通で、販路によって異なる限定の3色です。

White、Black(標準)
Denim Blue(ビックカメラグループ、IIJmio限定)
Gold(楽天モバイル限定)
Green(mineo限定)

となっています。カラーは、こだわる感じのようですね。

色は購入の理由になるところもありますよね。

 

arrows M04は、スペックが低めだが、やはり人気になるのか?

arrows M04は、スペックが低めですね。

それでも、おサイフケータイと防水ということで、やはり人気になるのでしょうか。どうなのでしょうね。

格安スマホで、少しずつおサイフケータイと防水というのも増えてきていますが、まだそこまで多くはありません。

そうなると、スペックは現状維持でも、とくに問題ないのかもしれません。 個人的には、もう少し性能が高いスマホが良いですが。