読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホウェブデジタル情報ブログ

iPhone、Andorid、Mac、Apple Watch、ウェブやデジタルガジェットの情報などについて紹介するブログ

「新しいMacBook」12インチRetinaのCore Mベンチマーク


スポンサーリンク

新しいMacBook、12インチ、Retinaが発売されました。

性能が気になるところです。

新しいMacBook

Core Mの実力をAir/Pro最新モデルと比較:「新しいMacBook」の気になる性能を確かめてみた (1/2) - ITmedia PC USER

こちらの記事では、Core Mなどのベンチマークを、MacBook Air/Proと比較しています。

 

MacBookCINEBENCHの結果

それではCINEBENCHの結果を見ていこう。CINEBENCH R11.5のCPU(pts)スコアは、MacBook Proの3.38、MacBook Airの2.75に対して、MacBookが2.19となった。MacBookに搭載されるCore MのCPU性能は、MacBook Airの80%ほどということになる。

MacBook Airの80%ぐらいの性能ということです。

 

これぐらいなのですね。

 

MacBookSSDの性能

続いてDisk Speed Testの結果。リード性能を見るといずれもSerial ATAの帯域を超える数値を出しており、PCI Express接続の優位性が分かる結果だ。また、MacBookはリードが776.1Mバイト/秒、ライトが467.5Mバイト/秒と、いずれもMacBook Airを上回っている。

SSDは、新しいMacBookのほうが、MacBook Airよりも数値が良いようです。

データの読み出しや書き込みは、MacBookのほうが良さそうですね。

 

MacBookの性能

CPU負荷が高いものは、ちょっと遅いというのはあるでしょう。

ウェブを見るとか、Word、Excelを編集するなどでは、MacBook Airとそこまで違いは感じられないのではないでしょうか。

それでも、新しいMacBookは、解像度が高いので、動作が遅いと感じることもあるでしょう。

そういう方は、MacBook AirMacBook Proを使うとよいでしょうね。